CLOSE
mv mv
ブランド
ブランドPLSTがセレクトする人気ブランドにズームイン!

PLSTセレクトで一番売れるデニムブランド、教えます!

2016.10.06
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

オリジナルアイテムだけでなく、国内外の人気ブランドをいち早くセレクトしているPLST。中でも毎シーズン完売するほど大人気のデニムブランドは? 答えは「RED CARD」。その魅力を一挙公開。

PLSTバイヤーが、RED CARDの魅力をぶちまけます!

PLST,プラステ,PLSTmagazine,RED CARD,レッドカード,2016年AW,デニム,デニムパンツ

「RED CARDの魅力はコストパフォーマンスにあり!と言っても、ただ安いだけのファストファッションのデニムとは違います。海外のプレミアムデニムブランドでは30,000円以上するようなデニムと同クラスの出来栄え&本格的な加工なのに19,000円〜手に入る、そのギャップにバイヤーとして惹かれました!しかも、日本人の体型に合うフィットと丈感で、このブランドに出会った瞬間、真っ先に自分が欲しくなった!7年前から買い付けていますが、3年くらい前から人気に火がつき、その勢いは留まるところを知らず、今年は去年の5倍のペースで売れてマス」

「今回PLSTが別注したAnniversary 20th というモデルは、もともとRED CARDでは一番人気の形でしたが、新しくAnniversary 25thが開発されたため販売終了に。PLSTのお客様から20th復活を望むリクエストが多くあったのをきっかけに、復刻バージョンとしてPLSTのみでの販売が実現。また、今年の秋冬よりスタートしたカットオフのクロップドデニムはPLSTだけの別注アイテムです。裾のほどき感がカジュアルな雰囲気で、コーディネートの幅を広げてくれること間違いなし!」

PLST,プラステ,PLSTmagazine,RED CARD,レッドカード,2016年AW,デニム,デニムパンツ

今季PLSTバイヤーがオススメするRED CARD別注

バイヤー絶賛のRED CARDは、どんなブランド?

PLST,プラステ,PLSTmagazine,RED CARD,レッドカード,2016年AW,デニム,デニムパンツ

2009年にブランドがスタートしたばかりなのにも関わらず一気にスターダムにのし上がった「RED CARD」は、リアルヴィンテージのような見た目と美しいシルエット、手に取りやすい価格が何よりの魅力。国内外の数々のブランドデニムを手がけてきたプロデューサー、本澤裕治氏が「インポートブランドのプレミアムデニム顔負けの本格的なデニムを、純国産で作りたい!」と、とことん見た目にこだわった。そのこだわりは見た目だけでなく、脚を通すととても柔らかく、吸い付くようなフィット感があり、ノンウォッシュから育てていくような最初のゴワゴワ感は一切なく、はいた人を虜にするほど。
著名なスタイリストたちがはき始めたのをきっかけに、雑誌で数多く起用されるようになり、爆発的ヒットに。最近は、雑誌やオンラインメディアでも、見ない日はないほど!

RED CARDの品質の高さを徹底リサーチ!

PLST,プラステ,PLSTmagazine,RED CARD,レッドカード,デニム製造工程

その美しいシルエットと見た目を実現するために本澤氏がこだわるのは、デニムの3F。Fabric(素材)、Fit(フィット感)、Finish(加工)の3Fのいずれも妥協しないのが「RED CARD」。素材は、最高峰のジャパンデニムを使用しているのはもちろん、新しいファブリックの開発も意欲的に行っている。また、常に一番きれいに見えるフィット感を追求し、シルエットの研究には時間を惜しまない。フィッティングモデルにも日本人を起用し、日本人女性にぴったりと合うシルエットをとことん追求。

ユーズド加工は職人たちが熟練の技で施し、一本一本手作業で仕上げている。通常は、はき心地に重点を置くと、おのずとデニムのオンスを下げることに…。そうするとヴィンテージ感は再現しにくくなってしまうが、「RED CARD」の場合は、オンスは軽いのに、しっかりとハードなヴィンテージ加工が施されている。このテクニックは、まさに本澤氏が長年のキャリアで築き上げた独自のチームが作り上げる賜物なのだ。

Photos: Hisai Kobayashi (still life)
moji-sharefacebooktwitterline
upper