CLOSE
mv mv
ブランド
ブランドPLSTがセレクトする人気ブランドにズームイン!

世界も注目する日本発信のカジュアルブランドupper hights

2016.10.31
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

オリジナルアイテムだけでなく、国内外の人気ブランドをいち早くセレクトしているPLST。今回は、デビューから瞬く間に圧倒的な支持を得た、トータルコーディネートが叶う日本発のデニムブランド「upper hights」に注目!

PLSTバイヤーが目をつけた、新デニムブランドの価値

upperhights,PLST,PLSTmagazine,プラステ,プラステマガジン,アッパーハイツ

「デニムを中心に、シャツ、Tシャツという永遠のデニムスタイルがカッコよく見えるアイテムをトータルで提案しているというのがとても新鮮で、すぐにバイイングを決めました。デニムにはヨーロッパのデニムブランドのようなクリーンさがあり、他のアイテムにはトレンドがしっかりと取り入れられている、そのバランス感がとても上手。デニム好きにはたまらないブランドです。」

「また、最上級の素材やクオリティへのこだわりを追及しながら、たとえばデニムであれば¥20,000ほどと、価格以上のバリューが体感できるはずです。最近は“THE THIN”という細身の裾にフリンジタイプのデニムが人気ですね。」

upperhights,PLST,PLSTmagazine,プラステ,プラステマガジン,アッパーハイツ

「デンマークのクリエイティブチーム『MOON』とのコラボレーションTシャツ、デニムシャツ、ストレートデニムが今秋冬バイイングしたおすすめアイテムです。いずれもクリーンな雰囲気が好印象で、PLSTのアイテムとも相性抜群。シンプルなニットや、膝下スカートと合わせても、今年らしさが感じられます。」


PLSTバイヤーが厳選したおすすめアイテム

upper hightsが他のデニムブランドと違う理由

upperhights,PLST,PLSTmagazine,プラステ,プラステマガジン,アッパーハイツ

2014年春に誕生した「upper hights」のコンセプトは、”SIMPLE(シンプル)”かつ”STYLISH(スタイリッシュ)”。それを表現する生地、フィット感、そしてデザインは、デザイナーひとりではなくデザインチームの意見を取り入れながら遂行されている。シンプルで上質なアイテムを長く大切に着て欲しいと、着る人との調和を考えられた生産背景へのこだわりとデザインが人気の秘訣だ。

たとえばシャツであれば、縫製時にどうしても発生してしまうパッカリング(縫い縮みやひきつれ)さえ、許されない。また、ブランドロゴが刻印された貝ボタンは、希少な厚みのあるものだけを厳選しており、その輝きには目を見張るものがある。いずれも、大量生産のカジュアルブランドでは採用できない仕様や付属が施されている。

upper hightsの野望、そして新しい仕掛け

upperhights,PLST,PLSTmagazine,プラステ,プラステマガジン,アッパーハイツ

そもそも「upper hights」には、日本発のクオリティの高いカジュアルラインを海外で展開するという野望がある。元「ACNE」のコンセプターだったデンマーク出身のマーティン・ギースィング氏が率いるクリエイティブチーム「MOON」とコラボレーションしたTシャツを皮切りにヨーロッパ展開がスタートする。同氏は、「upper hights」のシーズナルカタログやビジュアルを手がけるなど、そのクリーンでどこか北欧を感じさせるようなイメージを司るに欠かせない人物だ。 今シーズンよりヨーロッパ展開が決まっているというから今後ますます目が離せない。

Photo: Hisai Kobayashi (still life)
moji-sharefacebooktwitterline
upper