CLOSE
mv mv
プレスルーム
プレスルーム150㎝プレスほずみんが伝授!低身長のバランス学

春先取りの膨張カラーを身長の低い人が攻略する方法

2017.01.31
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

PLSTプレスで最も身長が低い自称150㎝のほずみん。しかし、その低さを感じさせないおしゃれに定評があり、一目置かれる存在。今回は、春を先取りする淡い色を、膨張して見えずに、すっきりと着るバランスを考えます。

淡い色は思い切って全身で着こなして、Iラインをつくるのがコツ

PLST,プラステ,プレス,ほずみん,低身長,150cm,ミニ,淡いトーンのコーデ,

カラーで春らしさを取り入れた淡いトーンのコーディネート。同系色同士を合わせることでスタイリング全体に統一感が生まれ、さらにIラインが強調されるのでスタイルアップに効果的です。このライトブルーのパンツは、タック入りで程よくゆとりがありながら、センタープレスがしっかり入っているので脚が真っ直ぐ見えて気に入っています。XXSサイズからの展開なのでジャストサイズではけるのが嬉しい。


本人が着ているアイテムリスト

明るい色のストールで、視線を上に引き上げれば身長5センチ増し!

PLST,プラステ,プレス,ほずみん,低身長,150cm,ミニ,ストール,淡いトーンのコーデ

ニット+パンツなどの定番コーデのときは、小物はそのスタイリングに変化をつける重要な役目を果たします。今回私がチョイスしたのはクリーム色のストール。淡いカラーを顔まわりに持ってくることで顔映りを良く見せてくれます。巻き方次第で、ストール=上半身に視線を集めることができるうえ、先をたらすように巻けば自然と上半身にIラインを作ってくれるのでスタイルアップの効果が期待できます。

バッグは小ぶりのサイズが鉄則!色で存在感のあるものを選んで

PLST,プラステ,プレス,ほずみん,低身長,150cm,ミニ,ストール,淡いトーンのコーデ,シルバーバッグ

小柄な人が大きなバッグを持つと、どうしてもアンバランスに見えてしまいがち。私は普段から出来るだけ小ぶりなバッグを選ぶように心がけています。今回選んだメタリックなシルバーバッグは、小ぶりなサイズ感ながら存在感とトレンド感が満載。同色のベルトも合わせれば、シンプルなスタイリングに程よくアクセントをプラスしてくれます。

profile

低身長ながらトレンドアイテムへ果敢に挑戦していく、PR歴5年のアラサープレス。「身長150cmというコンプレックスを、魅力に変えるヒントをみなさまにお伝えしていきたいと思っています!」

Photo: Yoko Yamashita
Text: Mariko Hozumi
moji-sharefacebooktwitterline
upper