CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子セレクト。きれいに目立てるブラウンニット

2017.06.24
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

陽射しが気になるこれからの時期に重宝するUV加工アイテム。プラステにはたくさんのUV加工アイテムが揃いますが、その中から人気スタイリスト大草直子さんがチョイスしたのは、ポンチョデザインのニット。大草さん流のスタイリングで、ONとOFFそれぞれの着こなしを紹介します!

UV加工の「着痩せニット」

このニット、究極の「着痩せニット」だと思います。肩の丸み、背中の厚み、二の腕のゆるみを全部隠してくれ、女性の細い部分だけを目立たせてくれる。だからこそ、自信をもって着られるし、おまけに全方位どこから見てもきれい。さらに言えば、美しいドレープがドラマティック! 「気にしている部分を隠しています」という企みは全く見えず、狙いをセンス良く違うベクトルにもっていってくれる。そう、ぱっと着てきれいに際立つ1枚に見せてくれるのです。
しかも、UV加工。ちょっとそこまで出るとき、とか、何度も日焼け止めを塗り直せないとき――などにもとても重宝します。どうして、そんなに「できるニット」なのに¥5,990。このプライスなのか、いつも考え込んでしまいますが、少しSAVEできたお金で、顔用に効果もプライスも高い日焼け止めを買えるな、とにんまりしてしまいます!

フロントをタックインして袖にドレープ感をプラス

カジュアルな印象が強い、ポンチョデザインのトップス。もちろん、裾をすべてアウトしてリラクシングに着るのもOKですが、すっきり見せたいときはフロントだけタックイン。ポンチョの一番の特徴である袖の表情が変わり、ほんのりモードな雰囲気に仕上がります。

ビッグシルエットのトップスは、その存在感に負けない大振りのネックレスでアクセントを。コードは長めにした方が、縦のラインが強調されるのでおすすめ。

合わせたパンツとバッグは淡いグレー系。清涼感や柔らかさだけでなく知性もプラスしてくれるので、オンスタイルにぴったりなカラーです。


ブルーデニムと合わせてエキゾチックに

こっくりとしたミルクチョコレート色は合わせる色を選びません。もっと言うと、合わせる色によって印象をがらっと変えられる、というのも私がこの色を好きな理由の一つ。例えば、夏の海のようなブルーデニムと合わせると、エキゾチックなムードに。トップスにボリュームがあるぶん、パンツはスキニータイプにして、逆三角形を作るとスタイルアップも叶います。

バッグはニットのブラウンと、パンプスはデニムのブルーと統一。反対色であるブラウンとブルーを合わせるときは、多色使いせずに、2色に絞るとこなれて見えます。


明日公開の記事では、大草さんがポンチョデザインのニットと私物を合わせたコーディネートで登場します。ニットと同じプライスで過ごした、世代を問わない楽しい時間のエッセイとともにお届けしますので、お楽しみに!

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Fumi Kikuchi(impress+)
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yukako Morino(Perle)
Model:LIZA
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper