CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子がセレクト。ほんのり素肌見えニット

2017.07.08
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

今回、人気スタイリスト大草直子さんが注目したのは、さりげない肌見せでヘルシーな色気が漂うオープンショルダーニット。フェミニン度の高いベビーピンクも大草さんの手にかかるとクールな雰囲気に様変わり。服の価格と価値のバランスをテーマに書き下ろしたエッセイには、大草さん流のセールの極意も。要チェックです!

優しいピンクのビジュアルニット

これ、ハンガーに架かっているだけではわからないと思うのですが、着た時、動いた時の素肌見えがうっとりするほどきれいです。今年はバックコンシャスな服が大豊作。素肌をあれほどがっつり見せるのも――という人には、ぴったりです。動作の途中でほのかに見える感じ、大人の上品な艶出しには最適。黒と合わせて、辛度高めで着るも良し。デニムとヘルシーにスタイリングするも良し。いろいろなシーンで着られそうなお役立ちアイテムです♡ さらに、今ならセール中。今年っぽさを盛り込んだニット、少し躊躇しているなら、逆にこのプライス(半額!)が後押ししてくれるかもしれませんね。
突然ですが、ここでセールの極意を。「新しいアイテムを」「いつも着ない色を」と、勢いで買うと、結局クローゼットのこやし――ということになりかねないので、アイテムの奥行きを増やしていくイメージで。普段ニットスタイルが多い人は、急にシルクのブラウスに挑戦するのはなく、ニットの、それも定番のボートネックのデザイン違いを選ぶ、などのように。色もベージュが多いなら、同じトーンで少し違うニュアンスのカラーを手に入れるのが正解です。

流行に左右されない、ベビーピンク×ブラックの好印象配色

春から続いているカラーラッシュ。新しい色や新しい配色のおしゃれも楽しいけれど、女性の優しさと強さを最大限に引き出してくれるのは、ベビーピンクとブラックの組み合わせ。大人のピンクは、甘さが悪目立ちするリスクもあるから、意識的にシャープな部分を作るとクリーンにまとまります。

肌はたくさん露出するより、少しだけ見えたときの方がハッとするもの。オープンショルダーデザインはそのさじ加減が絶妙。肩幅の広さや上半身の厚みにも影響を受けないので、あまり類を見ない、着る人を選ばない肌見せトップスです(笑)

この撮影のためのコーディネートを組んでいる時にひとめぼれしたフラットサンダル♡ マットな質感に、クロコの型押し、そして太めのベルトのアクセントと、甘さを排除したストイックなデザインがツボです。


いかがでしたか? 明日公開予定の記事では、同じベビーピンクのニットを大草さんの私物と合わせたコーディネートを紹介します。ニットと同じプライスで、慌てて購入したというあるアイテムのエッセイと共にお届けしますので、お楽しみに!

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Fumi Kikuchi(impress+)
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yukako Morino(Perle)
Model:LIZA
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper