CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子も感激! 褒められワイドパンツ

2017.07.22
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

各地で梅雨明け宣言が出はじめ、いよいよ本格的な夏に突入です! そんなタイミングで着たいアイテムとして、人気スタイリスト大草直子さんが手にとったのは、生地の落ち感と微光沢が大人にぴったりのタック入りワイドパンツ。トップスとパンツのワンツーコーディネートでもシックなムードをまとえる大草さん流のスタイリング術は要チェックです!

「動いてキレイ!」のワイドパンツ

「素敵!」この撮影のために着替えた私に、こうしてスタッフが声を掛けてくれました(笑)。
やっぱり褒められることって、単純に嬉しいなあ、と思う瞬間です。少し光沢のある素材、こっくりしたテラコッタブラウン。脚のラインが出ないワイドタイプで、ウエストを絞るタイプのデザイン。「超日本人体型」の私に、なかなかフィットするパンツってないのですが、この1本はドンピシャ。鏡を見ている自分が嬉しいのはもちろん、こうしてその日に身に着けているものを、「良い」と言って頂くことは、とても特別なことなんです。常々、ファッションはコミュニケーションツールの1つ、と言ってきましたが、「素敵」「ありがとう」という会話が生まれるのも、おしゃれをすることの醍醐味だと思います。似合うものを着てわくわくする→それを人から褒められる→さらに嬉しくなる→1日機嫌よく過ごせる。こんなスパイラルを生んでくれるパンツ、10,000円しないって、とってもお得だと思います(笑)!

ディテールで差がつく、夏のワンツーコーディネート

夏は、トップスとボトムスだけで完成するワンツーコーディネートが多くなりますよね。そんなときこそ、ディテールにこだわって。例えば、パンツはタック入りのタイプを選ぶと着こなしに立体感が生まれます。そのタックを生かしたいからトップスの裾はイン。共布のベルトの結び方でも雰囲気が変わります。リボン結びだとフェミニンに、リボンを作らずにきゅっと玉結びにするとクールに。アイテムが少ないぶん、小さなことが大きく印象を左右するのです。

歩くと揺れて、その存在をちらっとのぞかせるサイドスリット。重たい印象になりがちなワイドパンツに軽やかさをプラスしてくれて、足さばきも◎!

プラステのネイビーは本当に優秀! ダークトーンで、青みも強くないから、白い肌でも焼けた肌でも美しく品良く魅せてくれます。このニットは、そんな端正なネイビーと女っぽいショルダーデザインのマッチングが絶妙。きれいめからデニムなどのカジュアルテイストまで、合わせるボトムスも選びません。


いかがでしたか? 明日公開予定の記事では、同じテラコッタカラーのワイドパンツを大草さんが私物と合わせて登場! パンツと同じプライスで家族が楽しんだ、あるスポーツに関するエッセイと共にお届けしますので、お楽しみに。

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Fumi Kikuchi(impress+)
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yukako Morino(Perle)
Model:LIZA
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper