CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

今買い足すべきアイテムvol.2〜高橋志津奈、大草直子も絶賛!デニムスタイルを格上げするブラウス〜

2017.08.19
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

スタイリスト大草直子さんと、ファッションエディター/ライターの高橋志津奈さんが選んだ”今買い足すべき7つのアイテム"。今回クローズアップするのは”キャンディスリーブのブラウス”です。辛めの着こなしが多いお二人ですが、この秋はちょっぴり女性らしさを感じさせるブラウスが気になっているとのこと。それぞれの個性が光る私物とのコーディネートは必見です!

今年らしさNO.1。スリーブコンシャスなとろみブラウス

偶然、志津奈さんも私もデニムでスタイリング。女性の身体を美しくエレガントに見せてくれるとろみ素材、顔色を華やかにする微光沢。そして、1枚で完成するコンシャスなデザインが、デニムスタイルを「いつもと違う顔」にするのにぴったり! と、自信をもって手に取りました(笑)。母、妻、仕事人、女性としての顔をもつ私にも志津奈さんにとっても、デニムは戦友のようなもの。カットソーやニットで普段使いにスタイリングすることと同じくらい、気分を上げてくれる、もしくは違う自分になれることも、着こなしのベクトルとして大事です。お互い打ち合わせをしなかったのに、お友達とランチ、なんていうときにぴったりなコーディネートになったのも、笑ってしまいました♡


甘いキャメルはブラックデニムを合わせて自分らしく by大草直子

「一枚で女っぽいムードが出せるキャンディスリーブのブラウスは、この秋、持っておいて損はないアイテム。袖のたくし上げ具合で表情が変わるのもポイント。ぐっと肘まで上げると、肘のあたりにドレープが寄ってこなれた印象に。手首まで下ろすとクラシカルな雰囲気になります。合わせるアイテムはデニムでカジュアルダウンしても、レースのスカートでとことんフェミニンに仕上げてもOK。今回は、裾の処理がラフなブラックデニムを合わせて、キャメルの糖度をマイナスし、全体をきりっと引き締めてみました。」

大好きなデニムの新しい表情を引き出してくれるブラウス by高橋志津奈

「夏は週の半分くらいをデニムで過ごしますが、季節が進んで暑さが和らぐと週に5日くらいデニムをはくことも。そんなデニムラバーな私ですが、Tシャツやカットソーだと、いつも同じ感じに見えてしまうので、こんな風にレディライクなブラウスを持っていたら、ちょっと違うデニムスタイルが楽しめるなと思いました。なかでも甘さ控えめのダークネイビーなら取り入れやすそう。例えば、ライトブルーのデニムと合わせると、端正なグラデーションコーディネートが完成します。エレガントになり過ぎない、起毛サテンの独特な光沢感もツボでした。」

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Tomoko Meguro
Hair&Make p:Kazumi Kikuchi(p-cott)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
Cooperation:PROPS NOW
moji-sharefacebooktwitterline
upper