CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

今買い足すべきアイテムvol.4〜1枚でも重ねても。高橋志津奈、大草直子の偏愛ワンピース〜

2017.08.26
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

スタイリスト大草直子さんと、ファッションエディター/ライターの高橋志津奈さんが選んだ”今買い足すべき7つのアイテム"。今回フューチャーするのは”黒のワンピース”です。私物と合わせたコーディネートでは、高橋さんは一枚でさらっと着て、合わせの小物でカジュアルに。大草さんはパンツをレイヤードして辛口に。ワンピースの着まわしの幅が広がる二人の着こなしは要チェックです!

シーンレスなワンピース。体型カバーもバッチリです

ニットのワンピースは、志津奈さんのように1枚で着ても、私みたいにもしくはデニムや薄手のワイドパンツとコーディネートしてもサマになる! サラッとドライな質感で、ボディラインにつかず離れずの適度なサイズ感も、とにかく今年っぽい! と「!」が続きましたが、こうしたIのラインを作ってくれるロングトップス(あ、商品名はワンピースなのですが)は、カジュアルにもモードにも着こなせるから、オススメです。程よい肌見せがちょっぴり色っぽく、バックスタイルもしっかり存在感のある1枚。そうそう! プリーツのマキシスカートとロング&ロングでレイヤードしても、格好良さそうですね。と、スタイリングのバリエーションが広がるのがすごい(笑)。


今の気分にぴったりなワンピース×パンツのレイヤレイヤードスタイル by大草直子

「こちらのワンピース、私の身長(162cm)だと膝が見える丈感なので、私にとっては短め。でも、パンツをレイヤードすれば、まぁるい膝がかくれるうえ、Iラインのすっきりシルエットが作れて一石二鳥(笑)。この秋はこんな風にワンピースにパンツを重ねたスタイリングを楽しみたい気分です。合わせるパンツをワイドシルエットにしてもOK。よりモードに仕上がります。ワンピース、デニム、バッグすべて黒ですが、異素材をチョイスしてメリハリをつけました。パンプスは、パンツの裾からのぞく焼けた肌の延長のようなこっくりブラウンにして、すっきりまとめました。」

小物合わせで女度高めのワンピースを自分らしくカジュアルダウン by高橋志津奈

「さらっとしていて着心地の良いワンピースは、背中のデザインや丈感に女っぽさがあるので、スニーカーを合わせてカジュアルダウンしました。普段、あまりスカートをはくことがないのですが、スニーカーだけでなく、キャップやキャンバス地のバッグなど、合わせの小物でカジュアルに引き寄せると、気負わずに着ることができます。これなら、一番下の子と公園にも行けそうです。キャップは昔から好きなアイテムでいくつか持っているのですが、今回はあえてベージュに。スニーカーなので、視線が上がるように意識しました。」

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Tomoko Meguro
Hair&Make up:Kazumi Kikuchi(p-cott)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
Cooperation:PROPS NOW
moji-sharefacebooktwitterline
upper