CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子の初エコレザーは、大人仕様なライダース型

2017.09.09
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

スタイリスト大草直子さんが、PLSTで気になるアイテムをピックアップ。そのアイテムの価格と価値について考え、コーディネートとともに提案する人気連載、秋冬編のスタートです。今回、大草さんが注目したのはエコレザーのジャケット。とにかく滑らかな質感と柔らかな着心地に感動したのだそう。スカートとパンツ、それぞれの着回しとともにお届けします。

雨の日だって着られる、エコレザーのライダース

エコレザーの進化に、なかなか頭がついていけない大草です(笑)。だって。数年前のエコレザーは、テカテカ、ペラペラしていたじゃないですか!? それなのに、それなのに。このライダースは、ナチュラルな風合いが、もうエコレザーには絶対に見えない! けれど正真正銘のエコレザーだからこそ、着る日の天気を選びません。雨の日や雪の日は「今日はやめよう」とクローゼットに戻してしまうレザーのライダースも、全く心配することなく着られるのです。そして、エコレザー、風を通さないので暖かいです。秋から冬の初めまでは、アウターとして着て。そして冬がもっと本格的になったら、ウールやカシミヤのコートとインナーの間に採用してみてください。苦手な(あ、私的に)冬が、もっと好きになるはずです。プリントのワンピースに羽織ったり、グレーのニットとデニムで、ミラネーゼ風に――スタイリングの幅も広いので、1枚あると便利。これだけ使えて、10,000円以下。買う価値があります! と声を大にしてお伝えしたいと思います(笑)。

質感の異なる黒で作る、クールなスカートスタイル

レースのスカートにエコレザージャケットを合わせた甘辛ミックススタイルですが、両方とも黒なのでやや辛度高め。ともすると迫力が出てしまう黒×黒も、クールな印象のしなやかなエコレザーと繊細なレースという、印象も質感も異なる素材を掛け合わせると、こなれた雰囲気に。インナーのニットは抜けのあるVネックをチョイスして、パールの光を添えて。

エコレザーの柔らかく滑らかな質感、伝わりますか? ぜひ一度手にとって着てみていただきたい!黒にシックに馴染むメタルグレーのファスナーもポイント。

裏地がレースより少し短くなっているので、歩く度に揺れる裾が軽やかでセンシュアル。マキシ丈でも重たくないので、季節が進んだらタイツやブーツと合わせても◎。


エコレザージャケットで引き出す、きれいめパンツの新しい魅力

エコレザージャケットは、デニムやベイカーパンツなどカジュアルなパンツだけでなく、こうしたONにもはけるきれいめパンツとも好相性。レザーのハンサムな印象が加わり、相棒のようにはいている”いつものパンツ”の着こなしの幅が広がります。大人仕様のノーカラーデザインもポイント。

靴やバッグでトレンドカラーを小さく取り入れると、着こなしがぐっと洗練されます。なかでも、バーンドレッドや深いグリーンは大人でも取り入れやすいのでおすすめ。


いかがでしたか? 明日公開予定の記事では、大草さんがエコレザージャケットと私物を合わせたコーディネートで登場します。エコレザージャケットと同じプライスのコト・モノに関するエッセイのテーマは息子さんへのギフト。お楽しみに!

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Arata Suzuki(go relax E more)
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Kazumi Kikuchi(p-cott)
Model:LIZA
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper