CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子の最愛デニム。レッドカードのアニバーサリー

2018.02.17
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

今回、人気スタイリスト大草直子さんがピックアップしたのは、PLST別注のレッドカードのデニム。自他共に認めるデニムラバーの大草さんが、このデニムに注目した理由とは? シャツ、そしてボーダーニットと合わせた着回しレシピにも、大草さんのセンスがきらりと光ります。春はもうすぐそこ! 新しいデニムで、新しい季節を迎える準備を始めませんか?

PLSTでしか買えない、レッドカードのアニバーサリー

様々な折に書いていますが、レッドカードのアニバーサリーは、現代を生きる私たちにぴったり。だって、今っぽく見えて、コンフォタブルで、どこから見てもきれいなデニムなんて、そうそうない。大人になってから、デニムが似合わなくなったなあ、という寂しさを救ってくれたのも、まさにこのアニバーサリー20thなんです。さらにこの1本は、PLST別注だから、ここでしか買えないもの。くるぶしが完全に見えるクロップト丈も、靴を選ばず使いやすいから、私も購入予定。合わせるほかのアイテムは、引き続きのベーシックなものでも、デニムさえ新しかったら、その人の着こなしは完全にアップデートされるので、「なんだか、着こなしが古くなった」という人は、ぜひ、このデニムで試してみてください。日本製のデニムで¥19,000。トライしない手はないと思います!

フェミニン&スポーティにデニムを楽しむ、という選択

永遠の定番、シャツとデニムの組み合わせこそ、ディテールで差がつきます。より今年らしく着こなすためには、まずデニムのシルエットを更新して。このPLST別注のレッドカードのデニムは、腰回りにはゆとりをもたせ、ももから膝下にかけてゆるやかに細くなっているから、とにかく脚をキレイに見せてくれます。合わせるシャツも、オーセンティックなタイプはもちろんのこと、ビッグシルエットや旬のロング丈をアウトしてもバランス良くまとまります。

ももから膝にかけてはいった色落ち加工もポイント。一番気になる部分を視覚効果で立体的に見せてくれるので、脚が実力以上にほっそり見えます。合わせたのはドット柄のフラットシューズ。カジュアルなデニムルックに、ひとさじの”可愛げ”を添えました。

このフーテッドパーカーもおすすめアイテムの一つ。いつものアウターをこのパーカーに変えるだけで、着こなし全体がヘルシーになり、おしゃれの鮮度がぐっと上がります。マットな質感や背中に配されたタックから生まれるフェミニンなAラインシルエットと、スポーティ過ぎないのも◎。


×ベージュでデニムを上品にブラッシュアップ

シツコイかもしれませんが(笑)、このデニム、本当に脚を細くすっきり見せてくれるので、合わせるアイテムによって、デニムでも”上品”な着こなしが叶います。ポイントは、色を多用せず、デニム以外はベーシックカラーでまとめること。爽やかで優しいライトベージュなら、洗練された雰囲気もプラスされます。

私も本気で購入を考えている、このボーダーニット♡ ボーイズライクな印象が強いボーダーですが、赤みのないドライなベージュをベースに、ベルスリーブや背中のVネックラインといったディテールが加わると、すっかり大人仕様に。


明日公開予定の記事では、大草さんご自身がデニムに私物を合わせたスタイリングで登場! 後半のエッセイは、大草さんがセールで購入したという靴のお話。お楽しみに!

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『毎朝3分で服を選べる人になる』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Tomoko Meguro
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Kazumi Kikuchi(P−cott)
Model:LIZA
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper