CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子が初挑戦。婦人力UPのピンクのシャツ

2018.05.19
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

人気スタイリスト大草直子さんが提案する「大人のリゾートスタイル」。最終回となる今回は「ピンクのシャツ」をピックアップします。普段は、あまりピンクのトップスを着ないという大草さんが、ピンクのシャツを選んだ理由とは? また、旅先でのシャツの着まわしアイディアも、書き下ろしのエッセイでたっぷり語ってくれました。私的ベーシックのコラムでは、大草さんならではの旅の楽しみ方も。最後までお見逃しなく!

着るだけで様になる、コットンリネンのシャツ

普段、ピンクのトップスを着ることはないのですが。肌になじむコットンリネン素材、だからこそ、の少し「ゆるく」「柔らかく」出る、ピンクの色出し。さらに、THE シンプル――と言えるほどシンプルなデザイン、ということで、挑戦できるかも! と手に取りました。私にとってシャツは、オフィシャルに着るもの、という存在以上にビーチリゾートでマストハブなアイテム。フロントが全て開く、しかも天然素材のものならパーフェクト。例えば、少し長めのスカートやサンダルと合わせて、ホテルステイに。または、ビキニにさっと羽織ってプールサイドへ。夜のレストランに選んだ黒のワンピースにも、冷房対策で重ねて。というように、絶対に必要なのです。ガーゼのように軽くて肌当たりの良いピンクのシャツ、「初めてのアイテム」ですが、本格的な夏を前に買おうかな!

素材を楽しむ。清涼感のあるリゾートスタイル

ソフトな肌心地のコットンリネンのシャツに、表面に凹凸のあるシアサッカー素材のパンツを合わせて、心も身体も”涼”を感じるスタイルに。シャツにタック入りのパンツという、きちんと感のあるアイテムの組み合わせなので、シャツのピンクも品良くアクセントとして効いてくれます。ツバが広めのハットで、女性らしいエレガンスをプラスしたら、リゾート旅の街でのショッピングにもぴったり。


旅先の楽しみ♡ 食べること!

引き続き、石垣島の話で恐縮です。旅先では、必ず1度は「オススメのレストラン」に行くようにしています。誰のオススメかと言うと? ガイドブックやレストランガイドではなく、インスタで呼びかけて、フォロワーの皆様が答えてくださる「生きたオススメ(笑)」。今回も、様々な居酒屋や石垣牛の焼肉屋さんなどリコメンド頂きましたが、当日だとなかなか予約もとれず。奇跡的に、早い時間に席を確保できた、ステーキレストラン パポイヤに、子供たち3人と行ってきました。石垣牛のフィレとサーロイン各100gを、高校生の娘と半分半分。サービスで付いてきた、ゴーヤのピクルスも、もちろん甘くて柔らかなお肉も、とっても美味しかった♡ はあ、またどこかに旅したい(笑)。

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Kaori Imakiire
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yukako Morino(Perle)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper