CLOSE
mv mv
大草直子'S PICK UP
大草直子'S PICK UP

大草直子も「色ち買い」!コットンワッフルタンクトップ

2018.06.18
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

人気スタイリスト大草直子さんが、今、PLSTで買うべきアイテムをピックアップし、その着こなしレシピとともに紹介する連載。今回取り上げるのは、大草さんが、プレスルームで商品を見た瞬間から「欲しい!」「かわいい!」の連呼がとまらなかったワッフルシリーズです。「可愛すぎて両方欲しい!」と絶賛だったので、トップスとワンピース、2つのタイプをクローズアップして、それぞれのスタイリングとともにお届けします。

まとめて手に入れたい、旬のコットンワッフル素材

コットン100%、表面に表情があるワッフルカットソー。撮影のための見分けの時から、色違い、丈違いで手に入れることを決定(笑)。これ、すぐ売り切れてしまいそう(キッパリ)。1年以上このサイトの仕事をさせて頂いている私の勘です(笑)。だって! 「超流行中」のワッフル素材、そして、曖昧色もきちんと揃えたカラーラインナップ。肩山が隠れる大人のタンクトップ型は、ショート丈もロング丈も、どちらも「使え」ます。デニムと合わせても、ロングスカートとも。もちろん、ジャケットのインナーにしたって、今っぽいスポーティ感がプラスされて、何だかおしゃれ。色欠けが出ないうちに、是非!


コットンワッフルで、デニムを大人スポーティに更新

夏のデニムスタイルは、トップスとのワンツーコーディネートになるぶん、マンネリしがち。そんなときは、トップスの素材をチェンジして。今年のイチ押しは、断然コットンワッフル。一点投入するだけで、Tシャツやニットとは一味違うヘルシーな雰囲気を引き寄せてくれます。シンプルなデザインと少し褪せたような色合いもポイント。毛羽感もきちんと計算されているので、大人でも気負いなく、スポーティな着こなしを楽しめます。

コットンワッフルの最大の特徴は、表面の凹凸。コーディネートに”ひっかかり”を作ってくれるので、しゃれ見えが叶ううえ、身体のラインを拾いすぎず体型カバーもしてくれます。

身につけるアイテムが減るので、願わくば、デニムも更新を。ポイントは、ハイライズ、それから足首が見える丈感。シルエットは体型や好みのテイストにもよりますが、腰からももにかけてゆとりがあって、裾に向かって細くなるテーパードシルエットは万能です!


一枚でサマ見えを約束! 無敵のワンピース

今っぽいだけでなく、着心地も魅力のコットンワッフル。表面に凹凸があるということは、生地が肌に接する面が少ないということ。つまり、夏でもサラッと着られるので、ワンピースにも最適! しかも、このワンピースは、すとんとしたIラインなので、カジュアルになり過ぎることもありません。ミラーサングラスや黒のスニーカーといった、辛口小物を合わせるとよりシャープに仕上がります。

撮影中、スタッフからの人気が高かったシルバーのミニショルダーバッグ。合わせる洋服のテイストを選ばず、着こなしのスパイスとして効いてくれます。長さの異なる2種類のショルダーストラップがついているのも嬉しい。もちろんストラップなしで、クラッチバッグとして持っても◎。持っておいて損はないと思います! お値段も魅力的♡


profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Yasutomo Sanpei
Styling:Naoko Okusa
Model:Natsuki Obama
Hair&Make up:Eiko Sato(ilumini)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
moji-sharefacebooktwitterline
upper