CLOSE
mv mv
実力アイテム大検証
実力アイテム大検証

PLSTのコスパの裏に隠れた実力を大検証!Vol.6 “軽くて温かい”ダウンコート

2017.11.18
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

PLSTが誇る人気アイテムの機能や特徴を徹底的にリサーチすることで、その実力を立証するこの企画。今回は、640フィルパワーの羽毛を使用した良質ダウンコートを紹介。お手頃プライスでありながら、“軽くて温かい”を実現した、その秘密に迫ります。

幅広い着こなしに活躍する美シルエットのダウンコートシリーズ

PLST,プラステ,PLSTmagazine,ダウンコート,通勤,ケリー

本格的な冬に向けて、PLSTが自信を持ってお届けする本命アウターは、お手頃プライスでありながら、軽さと温かさを両立した上質なダウンコート。通勤から休日まで、あらゆるシーンでの着こなしに対応できるデザイン、着膨れ知らずの美シルエットにこだわった逸品です。

【左】特殊な加工方法で、ナチュラルな微光沢と柔らかな風合いを実現したフード付きダウンコート。身頃をシェイプした細身のシルエットながら、ほどよくゆとりをもたせているため、安心してニットとの重ね着を楽しめられます。ヒップにかかる絶妙な丈が、気になる腰まわりもカバーしてくれます。
【中】ウールライクな杢調が表情豊かなロングダウンコートは、ネックのボタンを閉じて着るとフードに、開けて着るとビッグカラーに変化する、ボリュームのある襟が特徴的。ウエストを緩やかに絞ったフィット&フレアシルエットなので、ロング丈でも女性らしく、かつスタイルよく着こなせます。
【右】温かみのある起毛素材のショート丈ダウンコートは、小顔効果の高いスタンドカラーが魅力。開けて着用したときには、ふんわりとキレイな形を描くよう計算されています。どんなボトムスとも相性のいいコンパクトなつくりもポイントで、着こなしの幅を広げてくれます。


640フィルパワーの良質ダウンが“軽くて温かい”を叶える秘訣

そもそもダウンとは、ガチョウやアヒルなどの水鳥から採取した羽毛のことで、一般的には胸部のダウンと腹部などのフェザーで混合されたものを言います。ダウンはタンポポの綿毛のようにふわふわと芯がない羽毛、フェザーは若干湾曲した羽軸をもった羽根を指しています。フェザーよりもダウンの割合が高いければ高いほど軽くて柔らかく、保温性が高くなります。一羽の水鳥から採取できるダウンの量はたった10〜20g程度と貴重で、羽毛の節がどうしても混入するため、ダウン100%というものは存在せず、 ダウン90%・フェザー10%が最上混合率なのです。 

PLST,プラステ,PLSTmagazine,ダウンコート,通勤,フィルパワー
PLST,プラステ,PLSTmagazine,ダウンコート,通勤,フィルパワー

しかし、ダウンの割合が高いだけでは良質とは呼べません。ダウンそのものの基準値を測るために用いられる、フィルパワーという圧縮回復率の高さが重要なのです。550フィルパワー以上あれば良質と言われている中で、PLSTのダウンは、なんとそれをはるかに上回る640フィルパワー。PLSTのダウンコートが“軽くて温かい”秘密は、この640フィルパワーという良質なダウンを、最上混合率である90%使用しているから。だからこそ、少ないグラム数で空気をたっぷり含むことができ、軽さと温かさを両立することができるのです。さらには、形が崩れても戻りが早く、美シルエットを保ちやすくなっています。

PLST,プラステ,PLSTmagazine,ダウンコート,通勤,ケリー

640フィルパワーという良質なダウンを90%使用したPLSTのダウンコート。ふんわり柔らかな風合い、温かさと軽さを、その肌でぜひ実感してください。

Photo:Takehiro Uochi〈TENT〉(Still)
moji-sharefacebooktwitterline
upper