CLOSE
mv mv
実力アイテム大検証
実力アイテム大検証

PLSTのコスパの裏に隠れた実力を大検証!Vol.7 ラネロッシセーター

2017.11.25
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

PLSTが誇る人気アイテムの機能や特徴、製作背景を徹底的に調べ上げることで、その真の力をお伝えするこの企画。今回は、創業200年を迎えるイタリアの紡績会社「LANEROOSI(ラネロッシ)」の混紡糸で編み上げたPLSTオリジナルのセーターをお届け。他のセーターとは一線を画す、素材の柔らかさや風合いの素晴らしさ。その実力を明らかにします。

1817年に設立されたイタリアの老舗紡績会社「ラネロッシ」

PLST,プラステ,PLSTmagazine,ファッション,メンズ,ラネロッシ,オーシャンズ,ニット,三浦理志

冬のマストアイテムであるセーター。デイリーなウエアだからこそ一歩先を行く上質なものにこだわりたいもの。PLSTメンズのこの冬本命ニットは、「LANEROSSI(ラネロッシ)」社製の良質なウール×ナイロンの混紡糸を使用した、高級感と温かさを合わせ持ったセーターです。ラネロッシは、創業200年の歴史を誇るイタリアの紡績会社。1817年に、イタリア北部ベネチアから北西に約100キロほど離れた南アルプスの麓、スキオという街にアレッサンドロ・ロッシが設立しました。1817年といえば、作曲家ベートーベンが活躍していた時代であり、ナポレオンが皇帝を退いた頃。それだけでも歴史の重みを十分感じることができます。その後、梳毛紡績を含めて発展し、第二次世界大戦後にはアクリル合繊綿を混紡した毛混梳毛糸でさらなる急成長を遂げました。1990年代にはヨーロッパで初の、ウールマークが推奨するTOTAL EASY CARE糸を梳毛100%で生産し市場に供給した紡績会社となるのです。

立体感のあるワッフル編みと片畦編みが上質な風合いを主張

PLST,プラステ,PLSTmagazine,ファッション,メンズ,ラネロッシ,オーシャンズ,ニット,三浦理志

今季PLSTがオススメするセーターは、ラネロッシ社の混紡糸で編み上げたワッフル編みと片畦編みの2タイプ。どちらも日本人の体型に合うよう計算されたシルエットで、大人顔のセーターです。
【左】ミドルゲージで立体感のあるワッフル組織に編み上げたクルーネックセーター。ざっくりとしたナチュラルな編み地は、トーンの近い2色の糸を使用することで、ワッフル柄が際立つ奥行きのある表情に仕上がっています。襟元や袖、裾の編み地を変化させ、デザイン性を高めたのもポイント。
【右】片畦編みのクルーネックセーターは、一枚着としてはもちろん、カットソーやシャツとのレイヤードも楽しめるシンプルで合わせやすいデザインになっています。リラックス感のある表情は、大人の抜け感やこなれ感を演出。袖口や裾は、1cm幅のリブ編みにすることで、すっきりとしたストレートラインを印象づけられます。


ふっくらとしたスポンデッィシュな風合いと毛玉のできにくさが特徴

PLST,プラステ,PLSTmagazine,ファッション,メンズ,ラネロッシ,オーシャンズ,ニット,三浦理志

ラネロッシセーターの上質たる所以は、その素材特徴にあります。厳選されたラムウールのみを使用しており、肌触りの心地よい、ふっくらとした膨らみのあるスポンディッシュな風合いに優れています。そのスポンディッシュな特性は、編み柄を美しく演出し、イタリア糸ならではの鮮やかな発色の良さも兼ね備えています。また、高い紡績技術で、あえてナイロンを20%混紡することにより糸が強くなり、安定した編み地を実現。ひじなどの擦り切れがあまりなく、毛玉ができにくいのも大きな魅力なのです。

イタリアの感性と格式、伝統を思う存分味わうことのできるラネロッシセーターを、お手頃な価格でぜひこの冬味わってみてください。

Photo:Takehiro Uochi〈TENT〉(Still)
moji-sharefacebooktwitterline
upper