CLOSE
mv mv
最強のメンズ服選び
最強のメンズ服選び人気スタイリスト栃木雅広がオススメするBEST BUY!

人気スタイリスト推薦!大人カジュアルの絶対的エース、ポロシャツ

2017.06.06
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

どんどん軽装になるこれからの季節は、大人の男において服選びは悩みどころ。そんなとき頼りになるポロシャツは定番アイテムだからこそ、こだわったものを選びたい。間違いのない一枚は、父の日のプレゼントにもオススメだ。雑誌や広告などで活躍中の売れっ子スタイリスト・栃木雅広氏が選ぶ価値あるアイテムと共に、おすすめのコーディネートを紹介。

人気スタイリスト・栃木雅広のBEST BUY
夏でも超快適に着用できるスッキリデザインのポロシャツ

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ポロシャツ, 白, ホワイト, 人気スタイリスト, 栃木雅広

夏の定番アイテムであるポロシャツも、素材やデザインなど細部にまでこだわったPLSTの一枚は、他とはひと味違う。鹿の子編みによる通気性はもちろん、あえて表地と裏地で異素材を使うことにより着用時の心地よさがさらに高められている。「表地には鹿の子編みのコットン、裏地にはポリエステルが使われているので、優しい風合いとサラッとした肌触りでベタつかないのが優秀です。不快指数が高まるこれからの季節に最適ですよね。またリブがない袖口はスッキリとした大人顔ですし、裾もラウンド型でデザインされているので、イン・アウトどちらの着こなしでもサマになります!誰もが持っている白ポロこそ、差のつく一枚を選んで下さい」(栃木さん)


TOCHIGI’S POINT 1 通気性と速乾性に優れた高品質鹿の子を使用

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ポロシャツ, 鹿の子, 素材, yori1

表地は肌触りのよいコットン鹿の子素材を使用しているため、優しい風合いと高い通気性を誇る。さらに裏地に使われたポリエステル素材により、吸湿速乾性も兼備。サラッとした肌触りでベタつかず、またシワにもなりにくい。

TOCHIGI’S POINT 2 大人の表情を作る上品な衿とドレッシーな前立て

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ポロシャツ, 衿, 前立て, yori2

しっかりとした生地を使用した衿は品がよく、衿を立たせた着こなしも容易に決まる。胸元もクリーンな表情で、2つボタンの前立ては、裏前立てを使用することでドレッシーな印象に仕上げている。

TOCHIGI’S POINT 3 日本人の体型に合わせたアームホール

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ポロシャツ, アームホール, yori3

アームホールは、前身頃と後身頃で前後差をつけ、腕周りに程よくフィットするよう仕立てられている。日本人の体型を考慮した作りで、着用時は美しいフォルムに見せながら動きやすさも担保してくれる。見えないところにまでこだわったディテールのひとつ。

TOCHIGI’S POINT 4 イン&アウトのどちらでもサマになるラウンド裾

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ポロシャツ, 裾, ラウンド, yori4

通常はストレートな裾が多いが、PLSTのポロシャツは、緩やかなラウンド型にデザイン。パンツにインしても収まりがいいし、アウトした場合でも中に着たインナーの裾がチラ見えしてアクセントになるなど、着てみてわかる差がつくディテールだ。

人気スタイリスト・栃木雅広が提案する「着こなし術」

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ポロシャツ, 着こなし, コーデ, 人気スタイリスト, 栃木雅広,

TOCHIGI’S STYLING POINT 栃木の押さえるべき「3箇条!」


①休日にポロシャツを取り入れるならカジュアルなパンツを


②インナーを差すことでポロシャツの存在感もUP


③足元やベルトの小物はシンプルなデザインをチョイス

「メンズファッションの定番にして最強たるポロシャツは、その汎用性の高さから一枚持っていると相当重宝します。休日に白ポロを着る場合は、このレッドカードのように色落ちデニムを合わせてカジュアルに仕上げるのがオススメ。若々しい印象になり、ショッピングやデートなど休日シーンに求められるリラックスさも表現できます。裾からチラ見えするインナーのカットソーや、腰巻きカーデを取り入れると洒落感もプラスできますよ」(栃木さん)


profile

雑誌、広告、カタログ、TVなど、さまざまな媒体の最前線で活躍するスタイリスト。豊富な経験と卓越したセンスを生かし、ドレスからカジュアルまで幅広いジャンルで高いレベルのスタイリングを披露する。

Photo: Shoichi Muramoto
Styling: Masahiro Tochigi
Edit: Shota Ito
moji-sharefacebooktwitterline
upper