CLOSE
mv mv
最強のメンズ服選び
最強のメンズ服選びファッションブロガーMB氏に突撃インタビュー!

MB氏に聞く〈第1回〉「なぜファッション理論を発信し続けるのか?」

2017.06.13
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

ビギナーにも優しいオシャレの教科書的ブログ『KnowerMag』や『日刊SPA!』の連載ファッションコラムで知られるブロガーのMB氏は、説得力のある理論でメンズファッション初心者を導くカリスマ的存在。そんなMB氏のファッション理論と手法を全5回連載でお届けする。第1回は、“誰でも簡単にオシャレになれる”というMBさんのロジックの根底にあるものについて語ってもらった。

“真面目だけど、オシャレ”で何が悪い!そんな熱い思いがファッションを追求するきっかけに

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ファッションブロガー, MB, インタビュー

ブログや書籍を通して垣間見える、MB氏の豊富な知識とファッション理論は、いつ、どうやって培われたものなのだろうか。

「子どものころの僕はいわゆる「とてもイイ子」で(笑)、悪いことなんて絶対にできない子だったんです。でも、その頃('90年代)のファッションって、どちらかと言えば“ヤンキー文化”。ちょっとワルい方がカッコイイ、みたいな。それがどうしても納得いかなかったんです。ワルがカッコいいってなんだ!? これは戦わなきゃ! って(笑)。それがファッションに興味を持ったきっかけですね」

そして遂に、“カッコ良さ”の正体は論理的に紐解くことはできる、という信念に行きついた。ワルの感性と戦うには理論の積み重ねしかない。そう思ったMB氏が10代のころから実践し始めたのは、感覚やセンスに頼りがちなファッションの法則を、ロジックによって導くという作業だった。

「19歳くらいのころには新しく知ったファッションに関する情報をノートに書き始めてました。20歳過ぎからはショップスタッフのアルバイトを始め、展示会に行かせてもらったりしながら、知り合ったデザイナーさんやスタイリストさんから、いろいろなことを吸収しました。“どうしてコレとコレが合うんですか?”っていう具合に質問したりして、どんどんファッションの知識と情報を蓄積していったんです」

蓄積してきた知識から理論を導き、それを発信することがファッション業界の活性化につながるはず

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ファッションブロガー, MB, インタビュー

蓄積した情報を元に組み立てたロジックを、オシャレになりたいと思う人たちに役立ててもらいたい。さらに、ファッション業界全体に貢献したい。それがMB氏の思いだ。

「最初は、ショップスタッフやバイヤーとしてご飯を食べていこうと思ってたんです。ショップスタッフって、お客様に新しい世界を見せてあげたり、お悩みを解決したりする役割もあるじゃないですか。そこには僕が積み重ねてきたファッションのロジックが生かせる。ただ一方で、知り合いのショップの売り上げが下がっていくというような現実も目の当たりにしていました」

蓄積した知識にファッションの現場の経験が加わったことで、MB氏の意識とビジョンに変化が表れ始めた。

「そこで気づいたのは、オシャレをしたいけれどどうやったらいいのかわからない人たちと、ショップを繋ぐための情報発信こそが一番必要なことなんじゃないかということ。僕がロジックをお伝えすることで、よりたくさんの人がファッションに興味を持ってくれて、そういう人たちがショップに足を運んでくれればマーケットも盛り上がる。そんな思いから5年前に開設したのが、僕のロジックを発表する場でもあるブログ『KnowerMag』なんです」

次回(6月14日公開)の連載は『MB氏に聞く〈第2回〉メンズが簡単にオシャレになる方法とは?』をお送りする。

※MB氏の着用アイテムは私物です。

MB氏は数々の著書も出版

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, ファッションブロガー, MB, インタビュー, 著書

MBさんの知識とロジックが存分に反映された書籍は、ファッションの基本を身に付けるのに最適な教科書。

右/「スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾」(集英社・1512円)

左/「メンズファッションの解剖図鑑」(エクスナレッジ・1728円)


MB氏の着こなしをPLSTアイテムで真似てみよう!

profile

アパレル業界での多岐にわたる経験をベースに、現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ『最も早くオシャレになる方法KnowerMag』を運営。ブログURL:http://knower.biz/blog/

Photo: Satomi Yamauchi
Edit: Toshimasa Mizoguchi
moji-sharefacebooktwitterline
upper