CLOSE
mv mv
最強のメンズ服選び
最強のメンズ服選び人気スタイリスト栃木雅広がオススメするBEST BUY!

人気スタイリスト推薦!暑い夏から秋まで活躍するリネンカーディガン

2017.07.04
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

Tシャツ一枚など軽装となるこれからの季節は、どうしてもコーディネートが単調になってしまう。でも、気の利いた羽織りものが一枚あれば、その味気なさは払拭できるのだ。そこで選びたいのが夏から秋まで使えるPLSTのカーディガン。雑誌や広告などで活躍中の売れっ子スタイリスト・栃木雅広氏が選ぶ価値あるアイテムと共に、おすすめのコーディネートを紹介。

人気スタイリスト・栃木雅広のBEST BUY
素材&編み地にこだわっているから素肌に着ても心地よい

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, アクリルリネンVネックカーディガン, 人気スタイリスト, 栃木雅広

夏でも着られる秘密は、素材と編み地にあり。カーディガンといえばウールやアクリルを連想させるが、PLSTの一着はアクリルリネンを使用することで、サラッとした肌触りを実現。さらに凹凸感のある甘い編み地で、肌に触れる面積が少なく清涼感も持ち併せている。「夏素材のリネンが混紡されているので爽やかな涼感があります。編み地も透け感が出るほどに緩く編まれ、夏でも涼やかに羽織れるよう仕立てられているのが特徴です」(栃木さん)


TOCHIGI’S POINT 1 凹凸のある編み地が程よい存在感を主張する

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, アクリルリネンVネックカーディガン, 素材, あぜ編み, yori1

ストライプのように縦に入る凹凸が片あぜ編みの特徴。名前を知らなくても、昨年から大人気の編み地とあって、写真を見てピンとくる人も多いはず。PLSTの一枚は甘く緩めに編まれているため若干の透け感があり、清涼感やリラックス感のある雰囲気を生み出してくれる。

TOCHIGI’S POINT 2 エレガントな雰囲気を醸し出す、裾&袖の仕立て

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, アクリルリネンVネックカーディガン, 裾, 袖, yori2

袖や裾は、身頃とは異なる編み地でスッキリと仕立てられている。抜け感のあるボディを引き締めるような上品なニュアンスがあり、同時にデザインのアクセントとしても効果的。オン・オフで着回せるこだわりディテールだ。

TOCHIGI’S POINT 3 コーディネートの幅を広げるカラバリにも注目

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, アクリルリネンVネックカーディガン, カラバリ, yori3

カラバリは全部で3色。大人の威厳を保つならブラウン、シックなコーディネートを狙うならミドルグレー、落ち着いた印象をキープするならネイビーといったように、好みの雰囲気によって選べるのが嬉しい。暑い夏から秋までロングスパンで重宝するだけに、一枚あればコーディネートの幅も広がる。


人気スタイリスト・栃木雅広が提案する「着こなし術」

PLST, PLSTマガジン ウィークリー, メンズ, アクリルリネンVネックカーディガン, 着こなし, コーデ, 人気スタイリスト, 栃木雅広,

TOCHIGI’S STYLING POINT 栃木の押さえるべき「3箇条!」


①全体的にアースカラーを意識して選べばまとまりやすい


②レイヤードTシャツと合わせれば奥行き感が生まれ洗練度もアップ


③羽織り、肩掛け、腰巻きと、気温の変化に伴い、着こなしも操れる

「大人っぽい印象のブラウンのカーディガンには、色のテイストが近いアースカラーのレイヤードTシャツとショーツをチョイスしました。カーディガンのリネン素材やショーツの丈からは涼しさが感じられますが、トーンを合わせることで秋を先取りしたコーディネートが完成します。羽織る以外にも腰巻きや肩掛けなど、着こなしに味付けができるのもこのアイテムならではの魅力。持っていて損はないカーディガンですね」(栃木さん)


profile

雑誌、広告、カタログ、TVなど、さまざまな媒体の最前線で活躍するスタイリスト。豊富な経験と卓越したセンスを生かし、ドレスからカジュアルまで幅広いジャンルで高いレベルのスタイリングを披露する。

Photo: Shoichi Muramoto
Styling: Masahiro Tochigi
Edit: Shota Ito
moji-sharefacebooktwitterline
upper