CLOSE
mv mv
最強のメンズ服選び
最強のメンズ服選び

OCEANS 太田編集長に聞く<最終回>「カッコよくて当たり前のスーツを人よりおしゃれに見せる方法」

2017.09.05
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

メンズファッション誌「OCEANS」の編集長、太田祐二さんに「メンズファッションの極意」を聞くスペシャル企画。第3回は、当たり前のスーツスタイルでいて、他人と差をつけて「おっ!」と思わせるには?永遠の課題と言っても過言ではないほど難しい問題を、太田さんにぶつけてみた。

崩すことに気を取られ、基本を忘れないことが大切

プラステ,PLST,PLSTmagazine,OCEANS,太田編集長,最強のメンズ服選び,ONスタイルは素材感とシルエットでカジュアル化の第一歩を

TPOに合ったコーディネートを組むのは、オトコの服選びの基本中の基本。ビジネスシーンには、まずはセットアップスーツを着てしまえばいい。誰でもそれなりに見えるから、「簡単なこと」と太田さん。しかし、誰でもそれなりに見えるスーツを着て、なおかつ人と差をつけ、存在感を感じさせるのは至難の業。こうすればいい、という単純な方程式は存在しないし、時には全体のコーディネートのバランスを壊してしまうことにもなりかねない。そんな難しいテーマをクリアするためのテクニックとは?

「定番アイテムで問題なくまとめたビジネスシーンのコーディネートを崩していくっていうのは、素人には難しい。それなら、清潔感があって、どんな服にも似合うネイビーがもつ安心感を味方につけながら、素材やシルエット選びで今までにない雰囲気をプラスしたほうが確実です。例えば、このPLSTのセットアップのように、凹凸のある凝った織り組織の生地なら無地でも素材感だけで存在感が出せます。ちなみにパンツは、脚が細く見えるテーパードで、ウエストゴム仕様。しかも、パッと見はまるでウールだけど、実はポリエステル100%なんですね。ストレッチも効いているし、何より軽く、着心地も抜群。シワになりにくいっていうのも、働くオトコのワードローブに必要な条件が揃ってるね」

同系色でまとめたVゾーンと、ソックス選びが肝心

プラステ,PLST,PLSTmagazine,OCEANS,太田編集長,最強のメンズ服選び,ONスタイルは素材感とシルエットでカジュアル化の第一歩を

スーツ自体に存在感があるものを見つけられれば、シャツやネクタイなどコーディネートにそれほど凝らなくてもいい、という太田さん。「基本は、スーツの色と同系色でまとめたVゾーンならまとまりが出る。ネイビーなら、ブルーのシャツやタイを。ブラックやグレーのスーツなら、白シャツでグレーのタイを。このルールを守れば、スーツのおしゃれは9割完成」。ただし、オシャレな人と思わせたい場合、「ソックスで遊び心を取り入れるのが手」なんだとか。「柄やカラーにこだわったソックスを合わせれば、絶妙な崩しになると思う。以前、編集部で女性にオシャレだと思う男性の着こなしは?というアンケートを取ったときも、パンツから覗くソックスで判断するという声が多かったしね」。
スーツでのおしゃれは、素材感とシルエットを吟味してセレクトし、ソックスでさり気ない遊び心を加える。それが、カッコよくて当たり前のスーツを、断然おしゃれに変える近道といえそうだ。

シャープなシルエットの裏に、着心地を高める機能が満載

プラステ,PLST,PLSTmagazine,OCEANS,太田編集長,最強のメンズ服選び,ONスタイルは素材感とシルエットでカジュアル化の第一歩を

細身でシャープなシルエットのセットアップが、オフィシャルなシーンにおいて軽快で上品な印象を主張する。肩パットを排したイージーケアなジャケットは、着心地が普段使いに最適。ストレッチ機能のあるパンツは脚の動きにフィットし、シワになりにくい特長を誇る。

柔らかな風合いとストレッチ性を併せ持つ高機能素材が光る。

プラステ,PLST,PLSTmagazine,OCEANS,太田編集長,最強のメンズ服選び,ONスタイルは素材感とシルエットでカジュアル化の第一歩を

凹凸のあるバーズアイをあしらいながら、伸縮性のある太めのポリエステル糸を編み上げた生地。ウールにも見える柔らかな見た目そのままに、ソフトな肌触りと着心地を演出する。もちろん、パンツ同様、シワになりにくい2WAYストレッチ仕様。

デキるオトコを印象付ける、効果的なVゾーンコーディネートを

プラステ,PLST,PLSTmagazine,OCEANS,太田編集長,最強のメンズ服選び,ONスタイルは素材感とシルエットでカジュアル化の第一歩を

ナローラペルを採用した、クールでモダンなVゾーン。爽やかなブルーのシャツと、同系色であるネイビーの細身のタイの組み合わせが、デキるオトコのスタイリッシュな雰囲気を際立たせる。

ジャケット 36-7304101 ¥15,000 (9月下旬店舗発売)
パンツ 36-7306101 ¥8,990 (9月下旬店舗発売)
シャツ 36-9908012 ¥5,990(9月中旬店舗販売)


OCEANS10月号発売中!

さあ、そろそろ秋の始まりですね。最新号のOCEANSは、夏から秋にシフトするこの時季を上手に、かつ気持ち良く装うための“季変わり服”を特集しています。そのほか、食・住・カラダメンテなど、37.5歳(読者平均年齢)からのオッサンたちの毎日をちょっぴり幸せにするアレコレもいつもどおり満載です。ぜひ!
****************************************
OCEANS 10月号
発売日:2017年8月24日発売
価格:780円(税込)
発行:ライトハウスメディア

profile

1972年生まれ。早稲田大学卒業後、ブリヂストン入社。海外部にて勤務した後、出版業へ転職。2001年、主婦と生活社『LEON』の創刊メンバーとして参画。2006年、ライトハウスメディア『OCEANS』創刊に副編集長として携わり、2008年2月より編集長。
webOCEANS:http://oceans.tokyo.jp

Photo: Keisuke Nakamura@ease Craft
Text: Toshimasa Mizoguchi
Model: Hiroyuki Kubota
moji-sharefacebooktwitterline
upper