CLOSE
mv mv
最強のメンズ服選び
最強のメンズ服選びPLSTメンズスタイル

スタイリング更新に春ニットという処方箋

2018.01.30
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

ビジネスや休日、フォーマルな場など、男性のライフシーンに適したメンズファッションを発信。今回は、これからの季節に、真っ先に手に入れたい春ニットをいち早くご紹介。軽量ワッフル、ボーダー、スター柄の3つのニットで、冬のトーンの低い着こなしから卒業だ!

春スタイルの主役にふさわしい、個性際立つ3タイプのニット

【左】軽量ワッフルニットの魅力は、畦編みをベースに、フロントをワッフルの編地で柄を表現している点だ。グレーという定番色ながら、その編地が織りなすグラデーションによって表情豊かに仕上がっている。軽くて伸縮性に優れた糸を使い、肌触りを含めて着心地がいいのも薄着となるこれからの季節に最適だ。
【中】春ニットにふさわしい清涼感のあるボーダー柄を採用。サイドスリットと裾にヴィヴィッドなアクセントカラーを配すことで、オリジナリティのある一着に。ナイロンとポリウレタンを含んだコットン素材は、伸縮性に優れ動きやすさも抜群だ。
【右】PLSTでも人気の高いスターモチーフを用いたクルーネックニット。身頃と袖の上部にサイズの異なるスターがあしらわれ、2色使いの糸で繊細にスター柄を表現している。さらに、表面に細かな凹凸感の出るリンクス編みが立体感を演出し、さりげないニュアンスを醸し出している。
いずれのニットもお手持ちの服に合わせやすく、適度なデザインアクセントによって装いを一新することが可能なお役立ちアイテムだ。

いつものワントーンを新鮮に見せるグラデーションニットの実力

ここ数シーズン人気の、グレーワントーンの着こなしに少々飽きてきたという方も多いのでは? そこで使えるのがこちらのニット。編地によるグレーのグラデーションがシンプルなワントーンコーデに、さりげなくも効果的な変化を与える。合わせるパンツは、まだ寒い1〜2月はチャコールの濃いめグレーを、徐々に暖かくなる春本番はミドルグレーやライトグレーと、トーンを変えていけば同じワントーンでも季節感を演出できる。このニットならグレーの濃淡がグラデーションで入っているので、どのグレーパンツでも難なく合わせられるのだ。


ブルートーンで合わせて爽やかで軽快なニットスタイルを実現

これから暖かくなる季節のお約束アイテムといえばボーダーのトップス。カットソーで取り入れるのが普通だが、この春はニットで着こなせばマンネリから即脱却可能だ。こちらは裾と袖のみに太いボーダーを配すことで、アクセントがつけられるのもポイント。ボーダー色をパンツでも拾えば着こなしに統一感が出て上品にまとめられる。素材はコットンとストレッチ糸による、目の詰まったキレイめかつクリアな表面感と清涼感のある風合いなので、夏にも大活躍。いま買って長く使えるというわけだ。夏はブルー系のショーツなどを合わせれば、より清涼感と爽やかさが倍増するだろう。


スター柄ニット×ヘンリーネックで感度の高いスタイリングに

定番アイテムであるネイビーニットも、同系色であしらわれたスター柄が装いを一新。コットンの強撚糸を使ったリンクス編み地による細かな凹凸感が、汗ばむこれからの時期に清涼感を与え、着心地のよさを保証する。色合いとともにヘビロテをお約束できる一着だ。コーディネートは、リラックス感のあるニットに合わせて、肩ひじ張らずスウェットパンツをセレクトしたのが好印象。ポイントは、首元から見えるヘンリーネックだ。定番の白Tシャツではなく、あえてヘンリーネックをチラリとのぞかせたのがオシャレのアクセントに。白ヘンリーネックとリンクさせた白スニーカーで、軽やかに仕上げれば完成だ。


Photo:Yuji Kawata
Styling:Yohnosuke Kikuchi
Hair&Make-up:YOBOON
Model:Yusuke Hirayama
Text:Takashi Ogiyama
moji-sharefacebooktwitterline
upper