CLOSE
mv mv
最強のメンズ服選び
最強のメンズ服選びPLSTメンズスタイル

ありそうでなかった!「THYARD」の別注シャツ&ショーツはひと味違う!

2018.06.14
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

開襟シャツとショートパンツ。ともすればラフに見えがちな夏アイテムも、PLSTオリジナルのアイテムなら、しっかりと大人な仕上がりに!素材作りから縫製に至るまで、すべての工程を日本国内で行うこだわりのブランド「THYARD(スヤード)」に、PLSTが別注をかけた開襟シャツとショートパンツの魅力に迫る!

カジュアルな夏アイテムこそ、素材・縫製・ディテールにこだわりたい

PLST,プラステ,PLSTmagazine,渡辺剛,メンズ,メンズコーデ,メンズファッション,半袖シャツ,thyard

PLSTでの展開は4年目となる「THYARD(スヤード)」。熟練技術者による卓越した縫製技術、徹底した品質管理のもと生み出されるアイテムは、ベーシックデザインながら細部にまでこだわりを感じるパターンと着心地のよさが特長だ。今回は、夏カジュアルに最適な開襟シャツとショートパンツを別注。PLSTでしか手に入らない、目の肥えた大人も大満足の逸品だ。
【右】トレンドのオープンカラーシャツを、高品質素材であるスーピマコットンのハイゲージで仕上げた、着心地を第一に考えたトップス。国内の有名工場で生産されるハイゲージのジャージ素材は、とにかく着心地がいい。袖をあえてフラットな設計にして、Tシャツ感覚で着用できる点も他にはない魅力。
【左】ショートパンツは、国内の素材工場でも限られた工場でしか作ることができない希少なリアルデニムジャージ素材を採用。通常のデニム糸を使用しているので、はく度、洗う度にデニム特有の色落ちや使用感が楽しめる。股上を少し深めにし、裾に向けてテーパードしていく旬なシルエットやディテールに気を配ることで、より大人顔でキレイめなショーツに仕上がっている。

トレンドのオープンカラーシャツはデイリーに着こなせる素材感がカギ

PLST,プラステ,PLSTmagazine,渡辺剛,メンズ,メンズコーデ,メンズファッション,半袖シャツ,thyard
PLST,プラステ,PLSTmagazine,渡辺剛,メンズ,メンズコーデ,メンズファッション,半袖シャツ,thyard

ハイゲージのカットソー素材を使用したオープンカラーシャツは、肩ひじ張らずTシャツ感覚でラフに着られる。サマーウールなどのキレイめ素材からデニムなどのカジュアル素材まで、合わせるボトムも選ばない。ワイドパンツや細身のパンツとも相性は抜群だ。白・黒・ブルーの3色展開の中で、遊びの効いたブルーをチョイス。難しそうに見えるが、カーキパンツのようにトーンの近いボトムを選べば、なんなく着こなせる。開襟シャツはヨーロッパのリゾートで愛用されるシャツだけに、上品さが加味される点も大人にはうれしい。


デニム素材特有のはき心地と上品さを合わせ持つ大人のためのショーツ

PLST,プラステ,PLSTmagazine,渡辺剛,メンズ,メンズコーデ,メンズファッション,ショーツ,半袖シャツ,ショーパン
PLST,プラステ,PLSTmagazine,渡辺剛,メンズ,メンズコーデ,メンズファッション,ショーツ,半袖シャツ,ショーパン

本物のデニム糸をジャージ編みで仕立てた珍しいショートパンツ。見た目はデニムそのものなのにストレッチが効いているから、はき心地がとにかくラク!ひざ丈の裾に向けて細くなるシルエットでルーズさも皆無だ。Tシャツはもちろん、シャツなど、トップスの種類、シルエット問わず合わせやすい。今回は、白Tシャツとチェックのボタンダウンシャツのレイヤードスタイルを提案。いずれもカジュアルなアイテムだが、ショーツのもつ上質な素材と洗練されたシルエット、丁寧な縫製によって若い世代の着こなしとは一線を画す、大人のショーツスタイルが完成する。


Photo:Tsutomu Shiroki〈PEACE MONKEY〉
Styling:Yonosuke Kikuchi
Hair&Make-up:Ryohei Katsuma〈MASCULIN〉
Model:Takeshi Watanabe
Text:Takashi Ogiyama
moji-sharefacebooktwitterline
upper