CLOSE
mv mv
SPECIAL
SPECIAL

お年玉企画!ファッションブロガー・MB氏のお直しコーデレポートVol.2

2018.02.14
share now
facebooktwitter
share now
facebooktwitterline

お年玉企画第3弾として実現した、カリスマファッションブロガー・MB氏によるお直しコーディネート体験!Vol.2では、男らしく色気のあるスタイルを目指したいという当選者のお悩みに、MB氏が応えます!

オシャレ上級者の着こなしを学んで、男の余裕や色気を醸し出したい!

なんとこの日、大阪から来てくださった当選者の柳原拓弥さん(会社員・168cm)。約1年前に大阪で行われたMBさんのトークイベントに参加したことをきっかけに、オシャレをする楽しさに目覚め、以降はMBさんのメルマガを購読しファッション力を磨いているそう。当日も、ざっくりとしたニットをキレイめカジュアルに着こなしていた柳原さん。パンツやコートとの合わせ方や小物の使い方も見事にキマっている印象ですが、「カジュアルアイテムを大人っぽく着るのが好き。でも、もっと余裕がにじみ出るような、色気のある男らしいスタイルに挑戦したいんです!」。

柳原さんの希望通り、色気のある上級コーデのスタイリングを考えるMBさん。「意識するのは、ガラリと雰囲気が変わるアイテムを選ぶことよりも、普段から手に取りやすい服を組み合わせや着こなしによって、いかに印象を変えていくかということ。柳原さんの顔立ちは、肌もキレイで西洋人っぽい。なので、ヨーロッパのトラッドな雰囲気の中に、色気や男らしさを感じさせられるコーデに挑戦します!」

男らしさと上品さを両立させたヨーロッパテイスト漂うスタイルに!

タフなワークコートを主役に、チェック柄スラックスやアイボリーのニットでヌケ感をプラスした、男の余裕を感じさせるヨーロッパテイストの着こなしが実現。
「主役はバブアーの男らしいロングジャケット。ジャケットは後ろ襟だけを立たせると色気が出て、しかも小顔効果も期待できます。ボトムはライトグレーのチェック柄スラックスでトラッドな印象をプラス。コートの中は、白よりもあえてアイボリーのニットを取り入れて、全体を優しげな表情に。小物は、春先をイメージして軽やかなホワイトスニーカーと、大きめのバックパックでカジュアル感を足すと、男っぽさが引き算されて好バランスに仕上がります。メガネをプラスすると、知的な雰囲気も増しますよ」。

色気や余裕を演出するカギは、色合わせ&小物とのバランスにあり!

「アウターのボタンはある程度留めることが鉄則。コートからのぞくニットの白の分量を抑えることで大人っぽく見えるんです。また、ロングコートに合わせるボトムは、無地で細身のスラックスやスキニーを選びがちですが、チェックなど少し柄の入ったものならヨーロッパの雰囲気に近づきやすい。男らしいワークコートを小物や配色で引き算していくことで、余裕や色気が演出できます」と、MBさんが細かくコーデポイントを指南。

「まさに、こういう感じのスタイリングがやりたかったんです!」と大満足の柳原さん。「着こなしのHow toがわかってきたら、海外のコレクションやスナップを見たり、好きなショップをのぞいたりして勉強してみるのもオシャレ力を高める手。選択肢が広がると、自分の着こなしの幅も広げられるので、ファッションがもっと楽しくなりますよ!」


MB氏セレクトアイテムはこちら

profile

アパレル業界での多岐にわたる経験をベースに、現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ『最も早くオシャレになる方法KnowerMag』を運営。ブログURL:http://knower.biz/blog/

Photo:Tomoyuki Koja〈PEACE MONKEY〉
Interview&Text:Maiko Watanabe
moji-sharefacebooktwitterline
upper