PAGE TOP

mv mv
FASHION

#あいりスタイル

秋色を先取り!畠山愛理さんイチオシの渋めカラーでキメるトーナルコーディネート

2019.07.24

元新体操日本代表“フェアリー ジャパン”のメンバーとしてオリンピックに二度出場し、現在はスポーツキャスター兼モデルとして活躍中の畠山愛理さん。そんな畠山さんがインスタグラムよりお届けしているコーディネートが大人気。これからが夏本番ですが、ファッションの世界では秋のシーズンがスタートしています。そこで今回は、夏~秋にかけて使える渋めトーンでまとめたスタイリングをご提案!辛口小物をトッピングして大人っぽくまとめるのがおすすめです♡

「シブさ」を感じるトーナルコーディネートは都会的でスタイリッシュ!

少し前からブラウンやキャメルなどのウォーム系カラーや、セットアップのスタイリングは人気ですよね。今シーズンはより「シブさ」を感じるカラートーンコーデに、アニマル柄や黒などの辛口小物を合わせてスタイリッシュにまとめるのがトレンドです。ざっくりとしたノースリーブニットに、タック入りのワイドめのパンツ。ボトムスに少しボリュームを持たせた“ロング&リーンなシルエット”で大人っぽさを演出しました。リラックス感もあるけれど、シックなカラートーンなので都会っぽさも出せるんです。ヘアもダウンスタイルではなく、すっきりとアップにしてクリーンな印象に仕上げました♡


トップスもボトムもマルチに使える万能アイテム

ざっくりとした編み地のノースリーブニットは、サイドのカッティングや袖ぐりのすっきりしたデザイン効果で、腕のラインがとてもキレイに見えてお気に入り♡ ちょっぴり長めの着丈、そして後ろが少し長いデザインだからワイドパンツやロングスカートとも相性抜群です。合わせたワイドパンツはきちんと感があるのに、ウエストがゴムなのでストレスフリーな着心地なんですよ♪ ヒップ周りをキレイにカバーしてくれるのも嬉しい一枚です。ちなみに、同素材のジャケットを合わせてセットアップにすれば、カジュアルだけでなく秋の通勤シーンや会食などのきちんとした席でも活躍してくれそう。これは、ジャケットもゲット決定ですね!


アクセント小物で大人の女性らしさをトッピング♡

トーンを引き締めるブラックのミニショルダーバッグや、旬のレオパード柄フラットシューズなどの小物を合わせると、ブラウン&キャメルのコーディネートのアクセントになります。足元はヒールではなくフラットシューズで、少し抜け感のある気張らないおしゃれを意識しました。ポインテッドトゥを選ぶと、子どもっぽくならずに女性らしく仕上げられるのでおすすめです。今回のトーン合わせコーデは夏~秋まで長いシーズンで、しかもいろんなシチュエーションにマッチすると思います。ぜひ一度トライしてみてくださいね!


カラーバリエーションはこちら

畠山愛理Airi Hatakeyama

6歳から新体操を始め、2009年12月、中学3年生の時に初めて新体操日本ナショナル選抜団体チームに入る。2012年ロンドン五輪、2016年リオデジャネイロ五輪に出場。2015年のミス日本コンテストにおいて、特別栄誉賞、和田静郎特別顕彰ミス日本を受賞。
Instagram:@airihatakeyama

Photo:Tomoko Meguro
Text:Izumi Hashimoto
この記事をシェア
mv
秋色を先取り!畠山愛理さんイチオシの渋めカラーでキメるトーナルコーディネート2019.07.24
秋色を先取り!畠山愛理さんイチオシの渋めカ…2019.07.24

関連キーワード