PAGE TOP

mv mv
ENTERTAINMENT

#オシャレで使える英会話

大人気番組『クィア・アイ』から学ぶ“褒められた時の上手な答え方”

2018.08.10

新コンテンツ「Netflixで気軽に学ぶ、お役立ちフレーズ」がスタート!。空き時間や通勤途中などいつでもどこでも好きな作品を観ることができ、幅広い客層に支持されているオンラインストリーミングサービス・Netflix(ネットフリックス)。そんなNetflixの人気作品から、日常会話で使える便利な英語の言い回しを、厳選してお届けします。

5人組のゲイから溢れる愛に感動する、大ヒットリアリティー・ショーのリブート版

今回取り上げる作品は、ハイセンスで多様な価値観を持つ「ファブ5」と呼ばれる5人組のゲイが、人生に行き詰まっているいわゆる“イケてない人たち”を、あらゆる手段で大変身させるリアリティーショー『クィア・アイ』(原題:『Queer Eye』)。

15年前に放映されエミー賞を受賞した「Queer Eye for the Straight Guy (原題)」のリブート版として今年2月に復活。LGBTQの権利や社会問題の解説、最高に美味しいアボカドディップの作り方など、新ファブ5があらゆるトピックを繰り広げ、“イケてない人たち”を大変身させるプロセスは感動的。

このシリーズの根幹に流れているテーマは「価値観の異なる人たちを受け入れること」。一見とってもハッピーで心地よい雰囲気に包まれている「ファブ5」のメンバーにだって、言いたくない過去やトラウマがあります。話の主軸は、彼らが大変身させることになる依頼人(作中では“クライアント”と呼ばれています)の変化に置かれていますが、彼らとの交流を通して、「ファブ5」のメンバー自身も小さな偏見や、トラウマを解消していく。異なる価値観同士の人間が「同じプロセスを経ることで新しい多様性に気づく」様子が描かれているからこそ、琴線に触れる感動を生み、これだけの人気を博しているのです。

さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、ようやく本題です。
今回は、人を褒めるとき、そして人から褒められたときの言い回しにフォーカスしてみようと思います。おそらく日本人は、褒めたり褒められたりすることがあまり上手ではないのでは?褒められても謙遜して「いえいえ、そんなことないですよ」と言うことが多いですよね。

便利なフレーズを覚えて、“No, no no.(いえいえ、そんな)”から卒業しましょう!

褒められたとき、褒めるときに使える便利な言葉って?

今回はエピソード3「パーティ野郎の卒業式」からフレーズを紹介したいと思います。

コスプレ好きの元海兵隊員が、家族との絆を取り戻すまでを手助けすることになったファブ5。5人がそれぞれの知見でアドバイスし、無事にメイクオーバー(大変身)させた後、ターゲットの男性はリフォームした家に家族を招待します。髪型、ファッション、インテリア、気遣い、全てが生まれ変わった息子をみて母親は感極まって言います。

“I’m so proud of you.”
ー自慢の息子よ

“Your dad would be so proud.”
ーパパが見たらきっと喜ぶわ


「あなたを誇りに思う」という意味でのproudはよく知られていますが、人を褒めるときに「誰かがあなたのことを褒めるだろう」という意味でもproudを使うことができます。
proudは、こんな風に使いどころの多いフレーズです。

エピソード1(「ブサイクは治らない?」)でも似たフレーズがありました。カルチャー担当のカラモは自己紹介の時に

“I’m so honored to be here.”
ーここに来られてすごく光栄だ。


と言っています。このhonorという言葉もproudと似たシチュエーションで使えますが、proudの方が少しカジュアルですね。

それでは、パターン別でproudの色んな使い方を学んでいきましょう。

1 .褒められた時

“This curry is so good, you’re an amazing chef.”
ーこのカレーとてもおいしいよ、料理が得意なんだね。

“I’m so proud.”
ー喜んでもらえて嬉しい


褒められたら、素直に「嬉しい」と言いましょう。glad(嬉しい) でなくproudを使うことで、「(あなたのような人に言ってもらえて)嬉しい」という気持ちを強調できます。この時は特に言葉を続けず、proudで言い切ってしまって大丈夫です。

2.褒める時

“Mom, I’ve learned how to use Photoshop!”
ー母さん、フォトショップの使い方覚えたよ!

“Wow, I’m proud of you. Maybe you can fix my selfies.”
ーすごいじゃない、今度私の自撮り修正してね。


proudの派生はpride(プライド)です。プライドというと意味の重そうな言葉ですが、proudはこれくらい軽く使える単語なんです。
of の後ろの表現を変えることで、その対象を指定することができます。

“Dad, I hit 2 homeruns in the game today!”
ー父さん、今日試合で2本もホームラン打ったよ!

“I’m so proud of the bat I bought you last week.”
ー先週買ってやったバットのおかげだな。


このようにofの後ろの単語で褒める対象を調整します。一般的にはyouが大体ですが、こういう使い方もありですね。
なお、ofのあとにmy ~と続けて「自分の物」を置くと誇らしげに聞こえます。

“You have so many video games!”
ーこんなにゲーム持ってるんだ。

“Yeah, I’m proud of my collection.”
ーどうだ、すごいだろ。

今回は、この“I’m proud”を軸としたフレーズをいくつか紹介しました。
もし褒められた時に「あのフレーズ使いたかったけど何だっけ」と忘れてしまったら、“Thank you”と答えればOKです。決して“No, no no.”とは言わないで。
逆に自分が褒めたい時にフレーズを忘れてしまったら、“Great”と元気よく一言。本当はこれだけでもコミュニケーションは上手くいくんです。

それでは、今日はここまで。
この記事でみなさんの英会話ライフが少しでも豊かになりますように。
See you next time!

Netflix (ネットフリックス) について ABOUT Netflix

Netflixは、190ヵ国以上で1億3,000万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。
https://www.netflix.com/

Text:Giuliano Kumashiro
この記事をシェア
mv
大人気番組『クィア・アイ』から学ぶ“褒められた時の上手な答え方”2018.08.10
大人気番組『クィア・アイ』から学ぶ“褒めら…2018.08.10