PAGE TOP

mv mv
ENTERTAINMENT

#オシャレで使える英会話

大富豪同士の愛憎劇「ダイナスティ」で「HOW」の使い方をレベルアップ

2018.10.03

空き時間や通勤の途中などいつでもどこでも好きな作品を観ることができ、世界中の利用者に支持されているオンラインストリーミングサービス・Netflix(ネットフリックス)。そんなNetflixの人気作品から、日常会話で使える便利な英語の言い回しを、厳選してお届けします。

今回取り上げる作品は、 80年代の米国で派手なストーリー展開が人気を博して大ヒットしたメロドラマが、舞台を現代に移して蘇ったリブート版「ダイナスティ」です。主役となるのは2つの大富豪一族、キャリントン家とコルビー家。今回のリブート版はNetflixのオリジナルシリーズとして2017年より配信され、富や権力、名声をめぐって繰り広げる確執や複雑な人間関係が、キャリントン家の家長だったブレイクの娘ファロンと、彼女の義理の母親になるクリストルの視点を通して描かれていきます。
今回は、この「ダイナスティ」から“How”のワンランク上の使い方を紹介したいと思います。“How”は「どんな〜」という意味合いだけではないんですよ!

"How" をつけるだけで小馴れた印象に

シーンはキャリントン家の父・ブレイクからの連絡によって実家に向かう、若いながらも腕利きで野心家の実娘・ファロン。どんな話だろうと興奮しながらプライベートジェットから降りると、運転手が待っていました。

“Welcome home. How was Denver?”
―お帰りなさいませ。デンヴァーはいかがでしたか?

“I missed the heat.”
―ここの暑さが恋しかった。

“Trust me, it wasn't as hot without you here.”
―あなたがいなくて、ここは物足りなかったですよ。


ここで運転手が使っている “How was~” は会話の始め方として非常にメジャーで使いやすい表現です。職場であれば

“How was your weekend?”
―週末はどうだった?


もしご家庭に子どもがいるなら、

“How was school?”
―学校どうだった?


というような表現が最もよく耳にするフレーズです。 “was” のあとの単語を変えるだけで、「面接はどうだった?」「デートはどうだった?」「セールはどうだった?」というように、対象を簡単に指定することができます。英会話では、実は自分から話を投げかける方が、その後の会話の難易度が下がるので、ぜひ使ってみて頂きたいフレーズです。

“How” の別の簡単な使い方が、他のシーンにもありました。
父・ブレイクは、自分の会社の社員であるクリステルと婚約。その結婚式で、キャリントン家の長男のスティーブンは、数日前に偶然出会って一夜を共にした男性と再会します。それだけでも驚きですが、その男性がなんとブレイクの新しい妻・クリステルの甥・サミーだというのです。

スティーブン:
“You two know each other?”
―2人とも知り合いなの?

クリステル:
“Do you?”
―え、彼を知ってるの?

スティーブン:
“No.”
―いいえ。

サミー:
“Not really, we crossed paths at the bar near your place yesterday.”
―いや、僕もただ昨日バーで見かけただけだよ。

クリステル:
“How funny. Well, Steven, this is my nephew - Sammy Jo.”
―奇遇ね。スティーブン、彼は私の甥で、サミー・ジョーっていうの。


以前紹介したぼかした返事をする時の “Not really” が使われています。今回使用された“How funny”は字幕で「奇遇ね」と訳されていますが、本来直訳すると「なんて可笑しい」となります。このように、Howと形容詞1単語を組み合わせるだけで簡単に感嘆の表現が作れます。

“This PC cost me 2000 dollars.”
―このパソコン、2000ドルもしたんだ。

“How expensive! You could get one for 500 dollars.”
―なんて高いんだ。そんなの500ドルで買えるのに。


高価な、という単語と組み合わせると「なんて高いんだ」という意味に。

“Look, I got this skirt yesterday.”
―見て、昨日このスカートを買ったの。

“How cute. I want one, too.”
―かわいい!私も同じの欲しいな。


こうしてHowを入れるだけで、1単語でcute!と言うよりもワンランク上の慣れた返答に聞こえます。これまで1単語しか返答してこなかった方も、ぜひチャレンジしてみて下さい、How を頭につけるだけです。How easy!

See you next time!

Netflix (ネットフリックス) についてAbout Netflix

Netflixは、190ヵ国以上で1億3,000万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。
https://www.netflix.com/

オススメ記事

Text:Giuliano Kumashiro
この記事をシェア
mv
大富豪同士の愛憎劇「ダイナスティ」で「HOW」の使い方をレベルアップ2018.10.03
大富豪同士の愛憎劇「ダイナスティ」で「HO…2018.10.03

関連キーワード