PAGE TOP

mv mv
ENTERTAINMENT

#オシャレで使える英会話

「グッド・プレイス」から“do”で示せる強調の方法をマスター

2018.10.17

空き時間や通勤の途中などいつでもどこでも好きな作品を観ることができ、世界中の利用者に支持されているオンラインストリーミングサービス・Netflix(ネットフリックス)。そんなNetflixの人気作品から、日常会話で使える便利な英語の言い回しを、厳選してお届けします。

今回取り上げる作品は前回の記事でも取り上げた「あの世」を舞台にしたNetflixオリジナルコメディシリーズ『グッド・プレイス』です。命を落とした主人公・エレノアが送られたのは、善い行いをした人だけが送られる天国のような素晴らしい場所。問題は、生前に善い行いをした覚えが全くないこと…という、ひねりとウィットに富んだコメディドラマです。

「とても」と強調した文章を作る時には “very much” をつけるのが有名な方法ですが、今回は別の方法をこの「グッドプレイス」から紹介します。まずは、こちらのシーンをどうぞ。

doを置くだけで「好き」から「大好き」に

天国のような場所「グッドプレイス」での新居に案内されてきた主人公・エレノア。ここでは1人1人の趣味趣向に合った家を用意してもらえるといいます。

“As you can see, the interior has been decorated just as you like it, in the Icelandic primitive style. Oh, oh, and, uh, of course, you love clowns.”
―この通りインテリアも君の趣味に合わせた。アイスランドの伝統的スタイルだ。ああ、あとそれから、ピエロ大好きだろ?

“I do love clowns.”
―ええ、ピエロは大好きよ。


動詞loveの前にdoがありますね。否定文を作る時に動詞の前にをつけるパターンはよくありますが、肯定文でもこんな風にdoをつけて強調の意味として使うことがあるんです。 “very much” に比べると音も短いので、ネイティブは頻繁に使用します。作り方も非常にシンプルで、こんな風に動詞の前にdoを置くだけです。これだけで「好き」から「大好き」に変化します。いくつか例文も見てみましょう。

“I do go to the gym everyday.”
―ジムには必ず毎日行くようにしてる。


「行く」を強調すると「必ず行く」に近いニュアンスになります。

“I do understand your situation.”
―君の状況はよく分かる。


「理解する」を強調して、理解の深さを表しています。深刻な相談を受けた時の返答がイメージできます。これらはどちらも現在形を強調したものですが、過去形の場合はどうすれば良いのでしょうか。次のシーンを見てみましょう。

生前に善い行いをした人だけが来ることのできる天国「グッドプレイス」ですが、この場所に何らかの手違いで来てしまった “特に善人ではない” エレノア。ソウルメイト・チディにこの事実を打ち明けると、親切にも「何か君が生前した善い行い…いや、善い行いじゃなくていい。『何も悪いことはしなかった』と言ってほしい。そしたら信頼できる」と言ってくれます。特に善い行いをした事がないエレノアは、自分は普通の人間だったと説得しようとします。

エレノア:
“I never found a wallet outside of an IHOP and thought about returning it but saw the owner lived out of state so just took the cash and dropped the wallet back on the ground.”
―IHOP(レストランチェーン)の外で財布を拾って外国人のだと気づいて、もう返しようがないからってお金だけ抜き取って財布は捨てたりなんてした事ない!

チディ:
“Okay, that's really specific, and that makes me think that you definitely did do that.”
―具体的過ぎて君が本当にそれをやったんだとしか思えない。


チディのセリフの最後にある “You definitely did do that.”には、doに加えて “definitely”(絶対に)という表現もしています。「絶対に君がやった」くらい強い意味になります。
過去の強調を作る時はこのように強調用のdoを過去形にして、後ろは原形のまま使います。どちらもdoで分かりにくいので、例文を確認してみましょう。

“Where is the file? I did save it here.”
―あのファイルはどこだ?絶対ここに保存したのに。


この場合、saveを過去形のsavedにするのではなく、前につけたdoをdidと過去形にするのがポイントです。

“You didn’t go to the side school yesterday, did you?”
―あなた昨日塾行かなかったでしょ。

“I did go!”
―行ったよ!


こちらもgoを過去形のwentにせず頭にdidをつけています。
このようにIやYouが主語の時に、この方法はかなり使いやすいと思います。これがheやsheになるとsをつけたりちょっとややこしくなるので、 “very much” で済ますのが楽です。ぜひ使ってみて下さいね!

See you next time!

Netflix (ネットフリックス) について About Netflix

Netflixは、190ヵ国以上で1億3,000万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。
https://www.netflix.com/

オススメ記事

Text:Giuliano Kumashiro
この記事をシェア
mv
「グッド・プレイス」から“do”で示せる強調の方法をマスター2018.10.17
「グッド・プレイス」から“do”で示せる強…2018.10.17

関連キーワード