PAGE TOP

mv mv
BEAUTY

#スキマ時間でキレイ活

体の中から美しく!インナービューティーを叶えるキッチン家電3選

2018.09.10

ビューティー家電に精通したライター田中真紀子さんが、新しいビューティー家電の選び方や活用法を毎週ご紹介するこの連載。今回は、白物家電にも詳しい田中さんから、美容と健康に良いと言われる食品が手軽に作れるキッチン家電を紹介していただきました。コンパクトで使いやすいのも、続けられるポイントですよ。

美と健康の基本はやはり食べ物!私たちが口にした栄養が、体の隅々まで行き渡ったとき、健康な体や美しい肌が作られます。そこで今回は、体に良いと言われる食品が簡単に作れるキッチン家電を3つ、紹介します。家電ライターとして、これまで数えきれないほどの家電を使ってきましたが、この3製品の良いところは、コンパクトで手軽に使え、美味しく作れるというところ。さらに1万円を切る価格も魅力です。

美味しい果実酢が24時間で作れるフルーツビネガーメーカー

お酢は体によいと言われますが、「酸っぱいのが苦手」「摂り方が分からない」などの理由から、毎日摂っている人は意外に少ないのではないでしょうか。でも、それはもったいない!お酢には、美容と健康に嬉しい効果がいっぱい詰まっているのです。

お酢の効果
・内臓脂肪を減らす
・美肌に導く
・便秘を改善する
・疲労の回復を促す
・血糖値の上昇を抑える


これを聞いたら「今日から毎日摂る!」と決意する人もいるかもしれませんね(笑)。手軽にお酢が摂れる方法としてオススメしたいのが、果実酢。甘くてフルーティーな味わいなので、お酢が苦手な人でも美味しく飲め、お酢とともに果物の栄養も一緒に摂ることができるので、よいこと尽くしです。

果実酢は専門店などでも買えますが、ツインバードの「OLALA フルーツビネガーメーカー (EH-4686)」(実勢価格:5266円)を使えば、自宅でも簡単に作れます。しかも、自家製では通常1~3週間かかるところ、これを使えばわずか24時間で完成するため、今日仕込んだものが、翌日には飲めるのです。

作り方は簡単で、煮沸消毒したガラスボトルに好きなフルーツ、氷砂糖、酢を入れるだけ。あとは本体に入れてボタンを押せば内部が約50℃にキープされ、漬け込みを促します。その間、完全手作りの場合はボトルを揺らしたり、カビが生えないように注意する必要がありますが、フルーツビネガーメーカーを使えば、ボタンを入れたら24時間後まで放っておいてOK!

ブルーベリーとラズベリーのビネガーを作ってみました。果実酢は、炭酸や水で割っていただきます。ベリーの色と風味がしっかり溶け込み、とても飲みやすい美味しさに。クセがなくフルーツそのものの香りが残せるのも、自家製ならではです。今までキウイや桃、リンゴなど、様々な果物で作ってきましたが、今のところ失敗知らず!「これを果実酢にしたら、どんな味になるかな」と旬を楽しみながら、いろんな果実酢にチャレンジしてみてください。

栄養たっぷりの玄米を食べやすくする小型精米機

玄米には、ビタミンやミネラル、食物繊維など、美容と健康によいと言われる栄養がたっぷり含まれています。さらに白米に比べて糖の吸収が穏やかになるため、糖質制限したいけれど、ご飯をやめるのは辛い……という人にもお勧めなのです。でも玄米は、食感が硬く、甘味も薄く感じるため、最初はちょっと食べにくいですよね。そんなときは、いきなり玄米ではなく、分つき米から始めてみるのも手!玄米の周りを覆っているぬかの一部を残して精米したもので、玄米よりやわらかく食べやすいのが特徴です。

分つき米は、その精米加減によって、白米に近い7分つきから、玄米に近い3分つきなどありますが、自宅で分つき米を作るには、精米機が必要。私が愛用しているのは、エムケー精工の小型精米機「COPON」です(販売終了モデル。現モデルは「RICELON」で実勢価格は9770円)。こちらは精米前。

こちらが精米後。白米はもちろん、分つき米や胚芽米にも精米できますが、とにかくコンパクトで使いやすいので、毎回精米するのも苦にならないのです。こうして少しずつ玄米の味に慣れていくもよし、ムリせず分つき米を楽しむもよし!

玄米をその都度精米するメリットとして、米は精米した瞬間から酸化が始まるため、玄米で置いておけば鮮度がキープできる点があります。ですから、白米を食べるにしても精米したてが一番おいしいのです。自家精米できれば、「今日は分つき米で」「今日のおかずには白米が合いそう」と、日によって変えられるのもいいですよ。

ヨーグルトメーカーで腸活を習慣化!

最後はご存じ、ヨーグルトメーカー。ヨーグルトには、便秘を解消したり、お腹の調子を整えてくれるなど、とにかく腸によい!というのはよく知られていますよね。しかも近年の研究では、食事の前に食べると血糖値の急上昇が抑えられ、脂肪がつきにくくなるほか、シワやシミ、たるみを防ぐなどの美容効果も期待できることが分かってきました。となれば、ぜひ毎日続けたいヨーグルト。ヨーグルトメーカーを使って自宅で作れば、家族全員で食べてもお得に続けられます。

自宅でヨーグルトの菌を培養する際、少しでも雑菌が入るとうまく固まらず、失敗してしまいますが、最近は牛乳パックのまま作れるヨーグルトメーカーも増えてきました。そのため事前の容器の熱湯消毒が不要で、手軽に作り始められます。

メーカーによっては、温度や発酵時間を自分で設定しなければいけないものもありますが、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー「KYM-013」(実勢価格:4470円)は自動メニューを搭載しているので、例えばプレーンヨーグルトを作る場合、牛乳パックに種となる市販のヨーグルトを入れて混ぜ、本体に入れたら「プレーン」にセットするだけ。適切な温度管理で、9時間後に完成します。

さらに本機だけの特徴として、飲むヨーグルトが作れる自動メニューも用意されています。飲むヨーグルトなら、手軽にサッと飲めるので、時間のない朝にもいいですね。ほかにも、「飲む美容液」として注目されている甘酒や、栄養豊富な塩麹も作れるので、ヨーグルトメーカーは美容と健康のためにも、1台あると便利ですよ。

以上、お勧めの3台をご紹介しましたが、どれも出し入れがラクな軽さ、出しっ放しにしても邪魔にならない大きさ、お手入れが簡単なのが特徴。美容と健康によいことは、続けることに意味がありますので、まだ取り入れていないものがあったら、ぜひ始めてみてください。

田中 真紀子Makiko Tanaka

大学卒業後、損害保険会社、地域情報誌ライターを経てフリーに。暮らしにま
つわる取材や執筆を行う。家電に関する執筆が多く、雑誌やウェブで検証やレ
ビューを行う。なかでも得意なのはビューティー家電。働く女性、そして一児の母として、忙しくてもきれいになれるビューティー家電を各媒体で紹介している。

Text:Makiko Tanaka
この記事をシェア
mv
体の中から美しく!インナービューティーを叶えるキッチン家電3選2018.09.10
体の中から美しく!インナービューティーを叶…2018.09.10