PAGE TOP

mv mv
LIFE

#スキマ時間でキレイ活

テクノロジーがスゴい!新進気鋭のビューティー家電メーカーの新商品発表会に行ってきました!

2018.11.19

ビューティー家電に精通したライター田中真紀子さんが、新しいビューティー家電の選び方や活用法を毎週ご紹介するこの連載。今回は、10月末に開催された「コスビューティー」の新製品発表会のレポートです。そのテクノロジーに興奮している田中さんですが、そもそもコスビューティーとはどんなメーカーなのでしょうか。

“中国のシリコンバレー”深圳発!最新テクノロジーを搭載したビューティー家電メーカー

コスビューティーは中国・深圳にテクノロジーセンターを置く美容機器メーカーで、世界23か国で展開しています。日本支社「コスビューティー ジャパン」を設立したのは2015年と、日本での実績はまだ3年なので、初めて聞いたという方もいるかもしれません。ですが、すでに家電量販店や通販などで売り上げを伸ばし、とくに超音波ピーリングのカテゴリーでは日本国内シェア約20%を獲得しているのです。

コスビューティーの特徴は、“中国のシリコンバレー”と呼ばれる深圳を拠点に、世界大学ランキングでアジア首位を誇る精華大学などの専門機関と研究開発を行っていること。外部機関の認証を取得することで、「科学的根拠に裏打ちされた確かな効果を提供する」ビューティー家電を開発していると言い、その品質と効果には期待大というわけです。

さらに先進的なのが、ビューティー家電にいち早くスマートテクノロジーを搭載した点。スマートテクノロジーとは、AI(人工知能)やIoT(モノをインターネットにつなぐ技術)、センシングなどの技術により、高度な判断や動作が行えるようになる技術のことを言います。例えば、この「美肌測定器2」(実勢価格:2万1384円)は、専用アプリと連動することで、肌のビッグデータと特許取得済みのアルゴリズムで解析したデータを数値化してくれるため、日々変化する肌の状態を継続的に確認することができるのです。

そんなコスビューティーが新製品として発表したのは、11月29日発売の「RF美顔器 ラディアンス」と10月25日発売の「アクリアルピーリング1.0」の2製品。さっそく詳しく見ていきましょう。

真皮層まで熱が届いてコラーゲンを産生!〜RF美顔器 ラディアンス

「コスビューティー RF美顔器 ラディアンス」(実勢価格:4万8384円)は、ラジオ波を肌の奥まで届け、肌に引き締め効果が期待できるという美顔器です。

RF美顔器は、お肌にハリをもたらしてくれるとして近年話題の美顔器。高周波の一種であるRF(ラジオ波)を肌に当てて皮膚の奥で熱を発生させることで、コラーゲンの線維が熱収縮し、肌の引き締め効果が得られるといわれています。そこで重要になってくるのが、美顔器の電極から発するRFをいかに肌の奥の真皮層へ届けるか、ということです。

一般的なRF美顔器は、電極が1つの「モノポーラ」または2つの「バイポーラ」を使用していますが、モノポーラは痛みが強く、バイポーラは広く浅い範囲にしか作用できないなどのデメリットがありました。そこでコスビューティーは、複数の電極を備えた「TPRFマルチポーラ」技術を搭載。真皮層の様々な深さで熱エネルギーを発生させつつ、広く深い範囲に作用して痛みも少ないなど、双方のメリットを合わせ持っています。

使い方は、まず専用ジェルを顔に塗り、レベルを3段階から選んだら、ヘッドを軽く移動させていきます。するとヘッドに内蔵したセンサーが自動で肌を測定し、肌の状態に合わせてパワーを最適化。スマートテクノロジーにより、その日の肌状態にマッチした出力でケアできるというわけです。

実際に使ってみました。肌に当てると、じんわりとした温かさが伝わってきます。しかし肌内部には、60℃~65℃の熱が発生し、コラーゲンの収縮が起きているそう!逆に、ヘッドを同じ場所に当て続けると肌にダメージを与えてしまうため、ヘッドを動かさないと自動で出力を停止するほか、1部位あたり2分間ケアしたら次の部位に移動するよう、2分ごとに合図するバイブレーション機能も備えています。顔と首の10部位、計20分間で今日のケアは完了!週3回程度の使用を推奨しています。

ひと通り使ってみましたが、本体がとても軽くて扱いやすい!さらに顔と首を10部位に分けるので1部位の範囲が狭く、大きく動かさなくていいので疲れません(ただし、おでこのケアは、腕を上げ続けるので疲れるかも)。ちょこちょこと動かして、2分経ったら次の部位に移動するだけ。最初は、20分のケアは長いのでは?と思いましたが、テレビやスマホを見ながら使っていたら、あっという間でした。

注意すべきは、使用前に使うジェルは、必ず専用の油溶性ジェルを使わなければいけないこと。非常にパワフルなため、水溶性ジェルだと肌に熱が伝わりやすく、熱く感じてしまうのです。実は私も何気なく、何もつけていない肌に当ててみましたが、熱さを感じてビックリ!改めてパワフルさを実感しました。なお専用ジェルは本体に付属しているほか、別売りで販売しています。

スタイリッシュなデザインも魅力。充電台に置くだけで充電でき、1回の充電(3~4時間)で、週3回程度の使用で2週間使えます。

エステで人気のウォーターピーリングを自宅で手軽に

続いてご紹介するのは、先述した超音波ピーリング美顔器の最新モデル「アクリアルピーリング1.0」(実勢価格:9504円)。従来の「アクリアルピーリングプロ」の機能を3種類から2種類に厳選し、ピーリングとイオン誘導に特化することで、従来品より価格を抑え、購入しやすくなっています。

エステサロンで人気のウォーターピーリングが自宅で手軽に体験できます。洗顔後、肌にしっかり水をつけ、優しく滑らせるように動かすだけで、毛穴の汚れや古い角質を吹き飛ばします。お肌に余分なものがなくなったところで、今度は美容液をつけてイオン導入すれば、美容成分がより深くまで浸透。これから乾燥が気になる季節、しっとり肌に導いてくれそうですね。

実際に使ってみたところ、プレートが振動し、肌から細かいミストが飛び散りました。顔全体をひと通りピーリングしてプレートを見てみると、角質なのかメイク汚れなのか、白い汚れがついていました。洗顔後なのに、さらにこんなに汚れが落ちるとは、気持ちがいい!この流れで、同じ美顔器でイオン導入できるのも便利でした。

ほかにも発表会会場には、先述の「美肌測定器2」をはじめ、女性誌でもたびたび紹介されたという「リフトアイロンプロ」、ムダ毛ケアできる光美容器などが展示されていましたが、いずれも独自の機能を備え、デザインも素敵!みなさんもコスビューティー の製品を店頭で見かけたら、手に取ってみてくださいね。

田中 真紀子Makiko Tanaka

大学卒業後、損害保険会社、地域情報誌ライターを経てフリーに。暮らしにま
つわる取材や執筆を行う。家電に関する執筆が多く、雑誌やウェブで検証やレ
ビューを行う。なかでも得意なのはビューティー家電。働く女性、そして一児の母として、忙しくてもきれいになれるビューティー家電を各媒体で紹介している。

オススメ記事

Text:Makiko Tanaka
この記事をシェア
mv
テクノロジーがスゴい!新進気鋭のビューティー家電メーカーの新商品発表会に行ってきました!2018.11.19
テクノロジーがスゴい!新進気鋭のビューティ…2018.11.19

関連キーワード