PAGE TOP

mv mv
LIFE

#スキマ時間でキレイ活

【動画で解説】ゴージャスヘアもゆるふわヘアも!スタイリングはオートでお任せ!

2019.01.07

ビューティー家電に精通したライター田中真紀子さんが、新しいビューティー家電の選び方や活用法を毎週ご紹介するこの連載。年明け1本目には、華やかな巻き髪が簡単に作れるヘアスタイリングツールを紹介していただきます。
注目は、あのダイソンから登場した、高速・高圧な風の力を利用してスタイリングする斬新なヘアスタイラー。アッというまの出来上がりを動画でチェックしてください。

自動で髪が巻きつく! ダイソンのエアラップ

今年10月にダイソンから登場したスタイリングツール「Dyson Airwrap(ダイソン エアラップ)スタイラー」(オープン価格)。高圧・高速な気流物体の側面に沿って流れる「コアンダ効果」を利用して髪をスタイリングするという、まさにダイソンらしい革新的な製品です。

ダイソンドライヤーにも搭載されているパワフルな「ダイソンデジタルモーターV9」が高圧・高速の風を生み出し、カーラー周囲の気流を増大させ、うずまき状の気流を発生。髪を自動で引き寄せて巻きつけ、髪を乾かしながらきれいなカールを作ってくれます。

‥‥‥と言うと少し難しく聞こえますが、要するに髪を近づけると勝手に髪が引き寄せられて、くるくるっとカーラーに巻きついてくれるのです。一般的なドライヤーより低めの温風でスタイリングするため、髪が傷みにくいのが嬉しい特徴。アタッチメントとして、ドライヤーとして髪を乾かせる「プレスタイリングドライヤー」、細めのカールを作る「30mm Airwrpaカーラー」(2個)、太めのカールを作る「40mm Airwrapカーラー」(2個)、ストレートにブローができる「スムージングブラシ(ソフト)」が付属しています。

ちなみにカーラーが各種2本ずつあるのは、気流の流れる向きが違うから。矢印の方向に流れるため、内巻きにしたいか、外巻きにしたいか、どの向きに巻きたいかによって、使うカーラーを取り替えられます。気流が出てくるのは、ピンク色の隙間から。髪を乾かしながらクセづけする仕組みのため、髪が少し濡れた状態で使うのがベストです。

髪を洗った後、手持ちのドライヤーか、このエアラップ(プレスタイリングドライヤーを装着)で髪をある程度乾かすか、乾いた髪なら水分をスプレーして少し濡らします。風量3段階、温度3段階。電源スイッチには、冷風ボタンをついているので、クセづけした髪をしっかり固めるのに便利。

実際にエアラップの動きを見てみましょう。毛先にエアラップを近づけると、髪が巻きついてきますね。あとは少しずつ動かして、髪全体を巻きつけます。少し上下に動かしながら30秒ほど温めた後、10秒ほど冷風ボタンで冷やすのがコツ。

仕上がりはこんな感じ。風で巻いているので、まさにエアリーな自然な仕上がりです。今回は40mmのカーラーで内巻きにしましたが、30mmのカーラーでもう少しはっきりしたカールを作ったり、外巻きにすることも。きれいなストレートにしたいときは、スムージングブラシを使えばOKです。慣れればあっという間にできるし、何より髪が傷まないというのが巻き髪派には嬉しいですね。

ゴージャスヘアも思いのまま! ベビリスミラカールの新モデル

こちらは、髪を挟むだけで自動で髪を巻き取り、簡単にカールが作れる、ベビリスの「ミラカール」シリーズの1つ。これまで数種類登場し、話題になってきましたが、今年10月末に発売された「ミラカール ゴージャス&ナチュラル」(実勢価格:2万1384円)は、カールパーツを取り替えれば、1台でゴージャスカールも、ナチュラルカールも作れちゃいます。

温度、カール時間、巻き方向が選べるので、1台で好みのカールが作れます。ゴージャスカールパーツの場合は、温度は210℃か230℃、カール時間は10秒、12秒、14秒から選べるほか、巻き方向は、右巻き、左巻き、ミックス巻きの3種類あります。

ヘッド部中央のV部分に幅3cm以内の髪の束を差し込み、ハンドルを閉じると、巻き取り部がくるくると髪を巻き取ります。差し込む髪が多すぎたり、まっすぐ差し込まないとエラーになったり、引っかかったりするので注意が必要です。

ではこちらも動画でご覧いただきましょう。ゴージャスヘアを作りたいので、温度は230℃、時間は14秒のミックス巻きでセット。巻き取りが一瞬のため、分かりにくいかもしれませんが、あっという間に巻き取ってくれました。

自分史上、もっともゴージャスなヘアスタイルが完成しました! ファッションに合わせてイメチェンしたときや、パーティーのときにも対応できそう。ナチュラルカールパーツも付属しているので、使い分けられるのもいいですね。

プレートが自動回転する初心者向け テスコムのラクコテ

こちらのテスコム「RAKUKOTE(ラクコテ)」(実勢価格:6070円)は、アイロンプレートがそのまま自動回転するので、とても分かりやすい初心者向け。プレート部に髪を挟み、巻きたい方向にスイッチをスライドさせると、その方向にプレートが回転するので、自動で髪が巻きついてカールヘアが作れます。マイナスイオン搭載。

熱くなるプレート部が内側にあるため、火傷しにくいのも特徴。クリップで挟むタイプではないので、髪が絡みにくく、外すときもすっと引き抜けます。温度は120℃、150℃、180℃の3段階から選べます。

こちらも実演!挟んでスイッチをスライドさせるだけなので、まさにコツいらず!初心者さんでも簡単に使えそうです。

毛束を多めに取って短時間で仕上げたので、このようなゆるふわヘアに。巻き方や温度、キープ時間を変えれば、また違ったアレンジも楽しめそうです。


以上、オートタイプのカールヘアスタイラーを3種類ご紹介しました。ダイソンのエアラップは過度な熱を使わないため、毎日カールしたい人、髪の傷みが気になる人に、ミラカールのゴージャスタイプは華やかさを演出したい人に、テスコムのラクコテはヘアアイロンが苦手だけど試してみたい人など、パーソナルな状態や好みに合わせながら、今年はいつもと違うヘアスタイルを楽しんでみてくださいね。

田中真紀子Makiko Tanaka

大学卒業後、損害保険会社、地域情報誌ライターを経てフリーに。暮らしにま
つわる取材や執筆を行う。家電に関する執筆が多く、雑誌やウェブで検証やレ
ビューを行う。なかでも得意なのはビューティー家電。働く女性、そして一児の母として、忙しくてもきれいになれるビューティー家電を各媒体で紹介している。

オススメ記事

Text:Makiko Tanaka
この記事をシェア
mv
【動画で解説】ゴージャスヘアもゆるふわヘアも!スタイリングはオートでお任せ!2019.01.07
【動画で解説】ゴージャスヘアもゆるふわヘア…2019.01.07

関連キーワード