PAGE TOP

mv mv
連載

#人気スタイリストの着こなしレッスン

川上さやかさん厳選、7アイテムでつくるスタイルアップをかなえる10の着こなし

2020.11.11

人気スタイリスト川上さやかさん厳選の秋冬のPLSTアイテムで、10通りの着回しコーディネイトを提案。身長154cmの川上さんならではの小柄さんのスタイルアップポイントも必見!

LOOK1
小柄さんのダークカラーアウター&ボトム攻略は素材と色味選びがカギ

小柄な人のダークトーンコーデは、どこかに軽さを出すことがポイント。今回はシャツという異素材の軽さと、白やアイスブルーの明るい色味で抜け感を。シルバーのフラットシューズも足もとに軽さをプラスしてくれるアイテム。

※ウォームリザーブストレートパンツはSサイズ、その他のアイテムはすべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK2
トップスとボトムのメリハリで、Iラインシルエットコーデが完成

ニットの横リブと縦ラインのセンタープレスパンツで、トップスとボトムにメリハリをつけたコーディネイト。さらに、長めのネックレスを選ぶことでIラインを強調して。

※ウォームリザーブストレートパンツはSサイズ、その他のアイテムはすべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK3
サイドスリット入りシャツと肩掛けニットでバランスを整えたシンプルコーデ

サイドスリットが入っている長め丈のシャツやカットソーは上半身の面積が大きく見えすぎないので、小柄な人でもコーディネートのバランスがとりやすいアイテム。何気なく肩掛けしたニットも目線アップに効果的。

※ウォームリザーブストレートパンツはSサイズ、その他のアイテムはすべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK4
ショート丈ニットとロングシャツで、上半身のコンパクトさを際立たせて

ダークカラーのショート丈ニットに白のロングシャツを合わせることで、より上半身のコンパクトさが際立ち、マキシ丈のスカートとのバランスも叶います。ボリューミィなボトムスには、ポインテッドやVカットのシューズでキレを加えて。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK5
ブルゾンのボリューム感と落ち感のあるスカートの対比でメリハリを

ブルゾンは裾を絞ったり、腕を捲ったり、袖のフラップを開けたりすることで、立体的なフォルムが完成します。ボリュームをもたせた上半身には落ち感のあるスカートを合わせることで、シルエットにメリハリがつき目線が上がる効果も。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK6
ロング×ロングは色味のトーンを合わせることで全体を繋ぎ合わせて

小柄な人には少し難しいロング×ロングのバランスは、色のトーンを合わせるのがオススメ。淡色のワントーンで全体を繋ぐことでシルエットが縦長に見える効果も。ニットのサイドスリットで抜け感を出し、縦に長く巻いたストールでIラインを意識して。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK7
淡い色味のワントーンコーデには小物で辛さをプラスするのが決め手

バランスの良い丈感のニットは裾と袖のリブが長めにデザインされているため、コーディネートにメリハリをつけてくれるアイテム。小柄だとどうしても幼く見えてしまいがちな淡色ワントーンには、黒小物で辛さをプラスして。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK8
ボリュームアウターのインナーは、Iラインを意識してバランスアップを

ボリュームアウターはインナーをIラインにすることで、バランスアップが叶います。シルエットでIラインを作ったり、今回のようにアウターを黒、インナーを茶色にし色味でメリハリをつけるのも◎。首回りのストールで目線アップ効果も。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK9 
ほっこりしがちなニットonニットコーデはアイテムのディテールと小物選びに拘って

裾がすぼまっていないニットは、Iラインシルエットのボトムとの相性抜群。ニットonニットの着こなしでも、ウエスト位置の長めリブがメリハリをつけてくれます。ほっこり素材の組み合わせには、底上げ効果のあるヒール靴に頼って。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

LOOK10
キレと抜け感を加えてくれるワンピースは顔回りの配色でスタイルアップを狙って

胸元が締まったスタンドカラーのシャツには、ワンピースのVカットデザインでキレと抜け感を加えて。明るい色を顔まわりに持ってくるのもスタイルアップのポイントに。

※すべてMサイズを着用しています。


着用アイテムはこちら

川上 さやかSayaka Kawakami

スタイリスト。大手金融会社のOLからスタイリストに転身。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。
著書「おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。 誰も教えてくれなかった脱おしゃれ迷子のルール56」も大反響。
身長154㎝。instagram:@sk_120

Photo:Tomoko Meguro
Model&Styling:Sayaka Kawakami
Hair&Make : Taisei Kuwano(ilumini.)
この記事をシェア
mv
川上さやかさん厳選、7アイテムでつくるスタイルアップをかなえる10の着こなし2020.11.11
川上さやかさん厳選、7アイテムでつくるスタ…2020.11.11