PAGE TOP

mv mv
LIFE

#和田由貴の貯蓄・節約術

[全4回]おしゃれも趣味も楽しみたい今ドキアラサー女子のあやふや出費を見直し!<第3週目記録化編>

2018.10.21

貯金は増やしたいけど、なかなか上手に貯められない…と嘆く、貯金が苦手な大人女子たちに消費生活アドバイザー・和田由貴さんが喝! 和田さんのアドバイスのもと、『お金』との上手な付き合い方を目指すこの企画。3週目の今回は、出費のボリュームが高かった趣味・交際費・お小遣いについて、何にいくら使っているかを可視化し、セルフコントロールすることが目標!

和田さん提唱の節約方法を実践!出費を記録する習慣で無駄を見つける!

今回も前回に引き続き、都内IT関連会社に勤め、休日は旅行やゴルフに興じる築山りささん(30歳)の、節約ライフの様子をレポート。築山さんの出費のなかで、出費のボリュームが目立つのが趣味・交際費・お小遣い。「流動費に関してはとってもあやふや…。毎月の出費額がある程度決まっている美容費以外は、正直あいまいです。なかでも趣味・交際費・お小遣いは、だいたい毎月これくらいなのですが、細かな内訳は把握できていません」と築山さんもお悩みの様子。「築山さんのような出費にあやふやな人のケースは、記録をする習慣をつけるのが賢明です」と和田さん。

スマホの家計簿アプリ『レシーピ!』で、簡単に賢く自分の出費を記録!

「漠然としている出費の内訳を“見える化”するには、簡易的でも記録をつけることが大切。このスマホの家計簿アプリ『レシーピ!』は、レシートをスマホで撮るだけで、一瞬で記録が完了!毎月の収支や費目内訳のグラフ、どのお店でどのくらいお買い物をしているかの集計など、支出情報がわかりやすくチェックできるので、このようなアプリで簡単に記録する習慣をつけてみて。“いつも買うのに、無駄にして腐らせている野菜”の傾向など、自分の癖や無駄が見えてきます。すると、“本当はこれは使わなくていいお金だったんだ”ということが見えてくるんです」と和田さん。

『レシーピ!』を上手に活用して、お金の使い方や習慣が明らかに!

早速、家計簿アプリ『レシーピ!』をダウンロードし、出費の記録化をスタートさせた築山さん。「レシーピ!はレシートを写真で撮るだけなので、とっても簡単で続けやすい!今まではレシートをもらわない派だったのですが、ちょっとした買い物をしたときもレシートをちゃんともらうように意識しています」とアプリの使い心地に大満足。「実際に記録してみると、趣味・交際費・お小遣いとはいえ、食材費が多いことが発覚。毎日、仕事前はコーヒーを、仕事帰りにはお酒を買っていました(笑)。お酒も、毎日買うなら缶ではなく、ボトルで買ったほうがお得なのでは…という発見も。そういう無駄が見えてきたことで、買う前にちょっと我慢したり、“本当に必要かな?”と立ち止まってみたり、少しずつお金の無駄遣いをしないように心がけるようになりました!」と、築山さんも自らのお金に対する意識の変化を感じている様子。

節約Point!

漠然としていた趣味・交際費・お小遣いを、可視化できたことで出費のセルフコントロールが可能に


「今まであやふやだった築山さんの趣味・交際費・お小遣い。漠然としていたため、何が無駄かさえもつかめていない様子でしたが、きちんと記録できたことで、自分の買い物の癖や無駄が見えてきました。その可視化されたことが大事で、“制限しよう”と気持ち的にも変わってくるし、失敗を繰り返さなくなります。家計簿をきちんとつけるのは面倒ですが、簡易的でも記録していけたほうが、お金と上手に付き合えるようになりますよ」(和田さん)

いよいよ次週結果発表!果たしてひと月でいくら節約できたのか!?

和田由貴Yuki Wada

節約アドバイザー、消費生活アドバイザー、環境カウンセラーなど幅広い暮らしの専門家。TVや雑誌、ラジオ等さまざまなメディアで活躍し、わかりやすく実践しやすい節約アイデアを展開。「節約はムリをしないで楽しく!」がモットー。

オススメ記事

Edit&Text:Maiko Watanabe
この記事をシェア
mv
[全4回]おしゃれも趣味も楽しみたい今ドキアラサー女子のあやふや出費を見直し!<第3週目記録化編>2018.10.21
[全4回]おしゃれも趣味も楽しみたい今ドキ…2018.10.21

関連キーワード