PAGE TOP

mv mv
LIFE

#和田由貴の貯蓄・節約術

[全2回]毎月マイナス!貯金ができない大人女子を赤字生活から救出するには?〈第1週目相談&実践編①〉

2018.11.11

貯金を増やしたいのに、気がつくと毎月赤字に…そんな悩みを抱える女性相談者が、消費生活アドバイザー・和田由貴さんから、お金のやりくりの見直し、誰でも簡単にトライできる節約生活を教えていただき実践!その節約ライフの模様と結果を、2回にわたって紹介します。今回は、貯蓄ができないひとり暮らし女子の、相談編と実践編パート1をお届けします。

念願のひとり暮らしライフを満喫しつつも、毎月の赤字生活を脱却できる!?

今回の相談者・渡邊成佳さん(30歳)は、都内で秘書として働いています。ずっと実家暮らしでしたが、1年前に念願のひとり暮らしをスタート。会社からも近く、駅近という好立地に惹かれ、少し家賃が割高だったものの、思い切って居住を決断!楽しいひとり暮らし生活を送っているかのように見えたのですが…。

渡邊さんの収支リストをもとに、和田さんが支出の傾向をたどっていると、ある気になる点を発見。「貯蓄はしていないですか?」と和田さんの質問に、「実家暮らしの頃は、きちんと貯蓄ができていたんですが…」と、表情を曇らす渡邊さん。「実は、1年前にひとり暮らしを始めてから貯蓄ができておらず、むしろ毎月赤字に…。実家暮らしの頃に貯めていた貯金を切り崩して、マイナス分を補填しています。また、年齢的に周りの友達も結婚や出産が多く、いわゆる“ご祝儀貧乏”です(笑)。」とアラサー世代ならではのお悩みも。
「食費も少々割高な印象ですが、お仕事中のランチは外食派ですか?」と和田さんの質問に「外食も多いですが、炭水化物を取りたくないので、コンビニで買う場合はサラダとおかずとスープが定番。また、デパ地下が好きで、仕事帰りにデパ地下に寄って美味しいお惣菜やフルーツを買うのが楽しみ。気分が上がるので、多い日は週に3回通ってしまうこともあります」という渡邊さんの生活の実態が明らかに!

コレがお悩み!

①昼食代と仕事帰りのデパ地下通いで食費が膨らみがち!
②貯金ができない…せめて、毎月マイナスを出したくない!

「念願のひとり暮らしライフを満喫中の渡邊さんですが、毎月マイナスだと今後の生活に必ず響いてきます。収入が¥250,000であれば、最低でも¥20,000〜25,000は毎月貯蓄に回したいですね。見直しポイントとして、渡邊さんの場合、まず収入に対しての家賃が少々高め。家賃は収入の3割以内におさめるのが理想的ですが、立地がよく気に入った家ならば、他の部分をしっかりと見直してみることが大切です。また、周囲の結婚や出産が多く、交際費もかさみがちとのことですが、ここは変動的でもありますし、仕方ない部分も多い。なので、他の部分で節約を考えるのが賢明です」と和田さんの見解。

節約Point!

①スープジャーを活用して食費カット!
②フリマアプリで出品をして収入を増やしてみる

節約ポイントとして、和田さんがまず目をつけたのが渡邊さんの食費。「デパ地下のお惣菜に気分が上がるのはとてもよくわかりますが、“なんとなく寄ってしまう…”というクセを見直しましょう。仕事中のランチも、外食で平均約¥1,000/日使うという渡邊さんには、『スープジャー』がおすすめ。中身はインスタントのものでもOK。これさえ持ち歩けば、プラスおかずだけ買えば済みます」と和田さんの提案に、「これから寒くなるシーズンだし、スープジャーは良さそう!」と渡邊さんもやる気充分!また、ファッションや美容も大好きな渡邊さんはコスパブランドを上手に活用しているそう。「要らない洋服やコスメを、『フリマアプリ』で売って、収入を増やしてみては?出品も簡単だし、売れた額を貯金に回せますよ」と和田さん。

和田さん指南の節約ライフ開始!まずはスープジャー活用で食費カットが目標!

「和田さんからアドバイスをいただいてすぐにスープジャーを購入しました。週3日ほど、夕飯にスープを作って、それを翌日ジャーに入れて持ち歩き、ランチはコンビニでサラダやチキン(¥300前後)をプラスで買うようにしました。野菜をたっぷり入れて食べ応えのあるヘルシーなスープを作ったり、きのことだしの素だけの簡単なスープなど、日によってアレンジ。スープだけでも結構お腹いっぱいになるので、ダイエットにも最適!さらに、夜スープを作るようになってから自炊もするようになりました!デパ地下通いも自然と減った気がします」と、渡邊さんのライフスタイルにスープジャーが活躍している模様。約1カ月で、どれほど節約できるのでしょうか…!?

節約Point!

節約にもダイエットにも◎な実用的スープジャーが、食費コストカットの決め手に!


「渡邊さんの収支リストでは、食費が¥45,000と膨らんでいましたが、女性ひとり暮らしの場合、できれば食費は¥30,000〜35,000/月に抑えられたら合格。OLさんは、お昼のランチもお金がかかるので大変ですよね。お弁当を持っていくのはハードルが高くても、スープだけなら簡単。スープジャーは保温効果が高いので、朝入れてきたスープが昼でも熱々で楽しめます。また、外食ランチの抑止にも◎。スープジャーを持ち歩くようになったことで自炊が増え、デパ地下通いが減ったことも食費のコストカットに大きく影響していると思います」(和田さん)

次回は、フリマアプリの効果を検証!そして節約ライフの結果も発表!

Profile

和田由貴Yuki Wada

節約アドバイザー、消費生活アドバイザー、環境カウンセラーなど幅広い暮らしの専門家。TVや雑誌、ラジオ等さまざまなメディアで活躍し、わかりやすく実践しやすい節約アイデアを展開。「節約はムリをしないで楽しく!」がモットー。

Edit&Text:Maiko Watanabe
この記事をシェア
mv
[全2回]毎月マイナス!貯金ができない大人女子を赤字生活から救出するには?〈第1週目相談&実践編①〉2018.11.11
[全2回]毎月マイナス!貯金ができない大人…2018.11.11