PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子も先物買い!秋気分のチルデンベスト

2018.08.11

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。「ブリティッシュスタイル」のテーマ、最終回はチルデンニットをピックアップします。フレンチスリーブのモダンなデザイン、かつ、こっくりとした秋色なので、夏服に飽きてしまった今の時期にぴったりの一着。今回も、私物とのコーディネート、PLSTのアイテムとのコーディネートと、大草さん流の2パターンのスタイリングとともにご紹介します。

1枚でも重ね着でも使える! 秋色を集めたニットベスト

朝晩は、少し涼しくなるこの頃、気持ちは一気に「秋のおしゃれ」に傾きますね。私だけでしょうか(笑)。気持ちの動きを逃さず、この瞬間に、ニューアイテムをショッピング。例えば、こんなチルデンニットが1枚あれば!ノースリーブのトップスとして1枚で着たり、もしくは、シルキーなブラウスを合わせたり、タートルニットに重ねたり――とレイヤードも楽しめます。グリーン、ベージュ、ネイビー、と合わせやすい秋の色が含まれているので、その中の1色をとってスタイリングすればシックに、もしくはこんな赤ブドウ色となら、一気に華やかになるのも効率的♡二の腕がすっぽり隠れる袖丈で、腕がすっきり見えるデザインなのも高ポイントです。


チルデンニットの色をひろって秋色をスマートに堪能

Vネック回りに1本ないし複数のラインがはいった、チルデンニット。今回は、そのラインの中の一番細い、キャラメル色をキーカラーにして、合わせのアイテムを選びました。柄ものにも言えますが、複数の色が入ったアイテムを着るときは、合わせるアイテムの色も、その複数の色の中からひろってあげると、まとまりが出て、洗練された印象に。バッグも、キャラメル色ベースのチェックを合わせ、この秋のブリティッシュ気分を盛り上げました。ただ、足元まで”色”にしてしまうと重たくなるので、とくに今の時期は、白のスニーカーで軽やかに仕上げるのがおすすめ。


秋の定番夜食。身体も心も温まる一人鍋

ほんのり気温が下がる秋の始め。こんなふうに、1人鍋をすることが多いです。あ、家族と離れて自分だけ、ではなく(笑)、仕事で遅く帰った時のことですが。キムチ、茅乃舎の粉末だし、味噌を入れて、具は豆腐やえのき、ネギに卵、お腹がすきすぎているときは、ごはんも。最後にごま油をたらり。7分くらいでできるので、秋の定番夜食です。

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Keiko Ichihara
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:YUMBOU(ilumini)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子も先物買い!秋気分のチルデンベスト2018.08.11
大草直子も先物買い!秋気分のチルデンベスト…2018.08.11