PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんが提案。夏の終わり、秋のはじめに際立つ「BLACK & WHITE」スタイル

2021.08.25

スタイリストの大草直子さんが、PLSTのラインナップから、今の気分に寄り添った「BEST」なアイテムをピックアップ。その着こなしとともにご紹介します。今回は、晩夏とも初秋とも言える、曖昧な今の時期にオススメの「BLACK & WHITE」スタイルを提案。シンプルだからこそ、素材の組み合わせやシルエットの作り方で差がつくモノトーンコーディネート。大草さん流のコーディネートレシピは必見です。

気持ちも着こなしも引き締まる
モノトーンスタイル

「まだ暑さが残るけれど、秋の空気も感じるこの時期。そんな曖昧な時期に、黒と白という、コントラストをつけた色合わせは、着る人の存在感を際立たせてくれます。着るものに飽きてくる、ややだれがちなタイミングでもあると思うので、シャキッとメリハリをつけてくれる、モノトーンスタイルを楽しんで。黒と白、それぞれどんな素材をセレクトするか、分量はどうするか、でも印象が変わります」


#01
アレンジ幅の広いブラックデニム
バンドカラーのシャツで清潔感たっぷりに

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「股上がやや深めで、コクーンのようなシルエット。少しレトロな"マムズデニム(ママが昔はいていたようなデニム)"に近いイメージですが、腰やもものあたりが太過ぎないので、トップスの裾はアウトでもインでもOK。すごく使いやすい1本です。さらに、裾のカットオフでカジュアル度が上がり、ブラックデニムのモード感がラフに仕上がっているのも◎。トップスは白のバンドカラーのシャツ。白と黒の分量を1:1にしたモノトーンスタイルなので、ハードになり過ぎません。シャツのフロントのボタンを上まで留めると、いい意味でユニフォームっぽくなり、きちんと感、清潔感、トラッド感が出ます。2つ3つボタンを開けると、もっとヘルシーな印象に」


#02
黒の分量を増やすとクールに
カジュアルな小物で軽さプラス

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ハリのある、タイプライター素材のブラウスは、着たときに、身体とブラウスの間にほどよい距離が生まれ、よそゆき感があります。背中に一列ボタンが並んでいるので、裾側、もしくは襟側のボタンを開けることで、シルエットを変えることも。合わせるボトムスによって、様々な表情を楽しんで。襟ぐりと袖口にレースが配された、フェミニンなデザインですが、グレーデニムと合わせて、ダークカラーでまとめると、一転クールに。小物の色とデザインで、軽やかさも添えて」


#03
旬のニットベストスタイルが即完成
黒と白のメリハリで顔立ちをシャープに

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「リラクシーなニットと、きっぱりと凛々しいコットン。その両方を楽しめる、一度で二度美味しい(笑)、トップスです。もともとニットベストとシャツが一体化されているので、着崩れすることもなく、黒と白というメリハリのある色合わせが、顔立ちをはっきり見せてくれます。上半身にボリュームがあるぶん、細めのパンツを合わせて、逆三角形のシルエットに。靴とバッグはあえて中間色をチョイス。肌馴染みのいい色にすることで、女性らしさと華やかさを足しました」


#04
素材とデザインで「硬軟」をミックス
印象的で個性的な着こなしに

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「くるぶしが少し隠れる九分丈の、フェイクレザーのストレートパンツ。やや太めのシルエットで、素材にハリがあるので、脚のラインを理想に近づけてくれます。ウエストのすぐ下にタックが入っていて、ヒップからももにかけてのボリュームを逃がしてくれるのも秀逸。トップスは、ほのかに素肌が透ける、フロッキードットのブラウスをセレクト。上下で、正反対の素材やデザインをかけ合わせ、"硬軟"のバランスをとりました。そうすると、着こなしがぐっと印象的、かつ個性的になります」


大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Daisuke Tsuchiyama(TRON)
Model:Maria Kamiyama
Hair&Make:Tomoko Noda
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんが提案。夏の終わり、秋のはじめに際立つ「BLACK & WHITE」スタイル2021.08.25
大草直子さんが提案。夏の終わり、秋のはじめ…2021.08.25