PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子がリコメンド!「きちんと」も叶うワンピース

2018.01.06

今回フィーチャーするのはブラックワンピース。ちょっとしたお出かけや、きちんとしたいお仕事の場でも活躍してくれるアイテムですが、3児の母でもある人気スタイリスト大草さんからすると、子どもの”式服”にもぴったりなのだそう。大草さん流の、ジャケットと合わせたシックな着こなしサンプルとともにお届けします!

入卒園にもぴったり、のシンプルワンピース

この時期、私もあわてて探し始めるのが、春先のオケージョン服。例えば卒園式や、入学式。3人子供がいる私は、なんだかいつも、こうした式服を探している気がします。実際昨年は、末っ子の卒園式と小学校入学式が。今年は長男の小学校卒業と中学校の入学式が。あ、ついでに言うと、来年は長女の高校の卒業式が(笑)。次々くるなあ。もちろん着物、という選択肢もあるのですが、入学した後の学校行事にも使える、となると、こんなシンプルなワンピースかな、と思います。ツイードのジャケットを羽織って式へ。同じ丈のカーディガンを着て、普段の学校行事へ。もちろん、学校のこと以外にも、アクセサリーや重ねるアイテムを工夫すれば、仕事やプライベートの華やかなシーンにも活用できます。スタイリングしやすく、しかも流行に関係ないシンプルなデザインで¥11,000であれば、靴やバッグにも予算をまわせるので、とっても嬉しいですね。

素材違いのグレーを合わせて、優しくシックに

ジャケットと合わせれば、”きちんと感”が求められる場にもふさわしい装いに。ジャケットを黒にすると、よりオフィシャルかつクールな着こなしになりますが、グレーと合わせると、シックな印象をキープしつつ、柔らかさも出すことができます。ドレスコードにもよると思いますが、オールブラックでは迫力が出すぎてしまう……という方には、こんな風にミドルグレーを足すのがおすすめ。

シーンにもよりますが、ジャケットの袖に腕を通さず、肩にかけるという着方も。ワンピースとジャケットの間に空間ができることで着こなしに立体的が出ますし、”隙”も生まれて女度が上がります。

顔まわりにはファーのマフラーを。あたたかいのはもちろんのこと、華やかさがプラスされます。こちらも黒ではなくグレーにすることでソフトな印象に。メイクは、アイシャドウもリップも、あまり色を足さず、ヌーディーなベージュ系で仕上げて。



その他オススメのファーのマフラー

いかがでしたか? 明日公開予定の記事では、大草さんが同じワンピースに私物を合わせた着こなしを披露してくれます。後半のエッセイは、大草さんの冬の欠かせない3種の神器がテーマ。お楽しみに!

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Shohei Takenaka
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yayoe Shimizu(+nine)
Model:Hiroko Hatano
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子がリコメンド!「きちんと」も叶うワンピース2018.01.06
大草直子がリコメンド!「きちんと」も叶うワ…2018.01.06