PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子も原点回帰! そうだ、シャツを着よう

2018.01.21

昨日公開した「大草直子がセレクト! 大好きなストライプのシャツ」の続編です。毎日のように着ていた30代のころに比べると、少しシャツから遠ざかってしまっていたという大草さん。でも、このシャツに出会って気持ちが変わったのだそう。その理由とは? 後半は、シャツと同じプライスで、旦那さんの誕生日に初挑戦したあることに関するエッセイをお届けします。

着こなしを新しくする、少し大きめのシャツ

肩が落ちて、首が抜けるタイプのシャツって、何が良いかって、今っぽいのはもちろん「痩せて見える」んです。襟元のボタンを2つ開けて、袖をぐっとまくると、さらにすっきりと映るのが本当にすごい。そうだ。シャツに戻ろう(笑)。30代の頃は、それこそ毎日のように着ていたのに。デコルテがそげ、首に影ができて――体型が変わり、シャツの着こなしが少し地味に見える気がして、遠ざかっていましたが、このフォルムなら、自分らしく着られる気がします。例えば、クローゼットの定番のデニムにシンプルに合わせたって、着て1分で様になる! あ、あと、ハリがあって立体感が出るのも高ポイント。さらに、このプライス。¥5,990。1万円以下で、ここまで上質な1枚が手に入るなんて、なんてお財布に優しいのでしょう。年末にお財布を落とし、不注意な自分への反省も込めて、あまり「新しい服」を買わないようにしていましたが(笑)、このシャツは買う予定!


夫と「最高級シガー」に初挑戦しました!

実は、タバコを吸ったことがありません。高校生の頃はもちろん、大学入学後は、体育会系ラクロス部だったので、「吸うチャンス」がなかったのかもしれません。さらに言えば、匂いが嫌いなんです。家族に「dog nose」と言われるほど、匂いや香りに敏感。特にタバコの匂いが、服や髪についたりするのが苦手で……。けれど、シガーは大丈夫。たまに夫と2人でお酒を飲みに出かけた時に、彼が40分くらいかけてゆっくりシガーの煙をくゆらせているのは、景色としても好き。とがったようなタバコの匂いとは違う、シガーの贅沢で雄大な煙は、なんとなくリラックスできる気が(笑)。先日、夫の誕生日で出かけたレストランにシガールームがあったので、私、初めてトライしてみました。キューバの最高級なので、1本¥6,000!! 肺に入れず、香りを楽しんだ後ゆっくり煙を吐き出すように、と言われ、やってみたら、おいしい! 1本吸うのに時間もかかるので、大好きなウィスキーとまた楽しんでみよう、と思いました。

大草直子がセレクト! 大好きなストライプのシャツ 記事はこちら!

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Shohei Takenaka
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yayoe Shimizu(+nine)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子も原点回帰! そうだ、シャツを着よう2018.01.21
大草直子も原点回帰! そうだ、シャツを着よ…2018.01.21