PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子注目のウェッジソール。歩きやすさと美脚と今年らしさと

2018.04.30

先日の「大草直子のNEW BASIC」に加え、もう一つの新連載「大草直子のMUST BUY ITEM」もスタート! スタイリストとしてたくさんの服に触れている大草さんが、いまPLSTで買っておくべきアイテムをピックアップし、その理由とコーディネートを紹介します。今回、大草さんが注目したのは「gaimo(ガイモ)のカラーサンダル」。パッと目をひくけれど、いざコーディネートをしようと思うと意外と難しいカラーサンダル。大草さん書き下ろしのエッセイやコーディネートを参考に、この夏こそトライして!

今年らしさNO.1の、カラーサンダルを今すぐ!

これ、みなさんに是非履いてほしい。ヒールが少し高い? ミュールは歩きづらい? 答えはNOです。美しくもコンフォタブルな靴、と言えばスペイン。そのスペインブランドの老舗、gaimo(ガイモ)で別注したウェッジソールの中の1足です。気持ちがハッピーになるピンクやイエロー。歩きやすさ満点のウェッジソール、足なじみの良いスウェード素材。デニムに合わせたり、プリントのワンピースの足元に。カラーミックスを楽しむために、色の美しいボトムスとも。夏中使えます! 履いたそばから、美脚が叶い、そして1日を朝から晩までエンジョイしたって疲れない――この時期のマストバイです!

シンプルに大胆に楽しむ カラーONカラースタイル

ミルクチョコレートのようなブラウンにひまわりのようなイエローを合わせた、カラーONカラースタイル。大胆なように見えますが、色を2色に絞っているのと、顔から離れたボトムにポイントカラーを持ってきているので、大人でも気負いなくチャレンジできます。パンツとサンダルの色を合わせたのもポイント。下半身が色で分断されないので、脚を長く見せてくれます。

リブが縦のラインを強調しつつ、身体にぴったりしすぎることのないトップスは細見え効果抜群。裾は、すべてパンツにタックインしてすっきりと。右サイドには着こなしのアクセントになるボタンも。

パンツとサンダルは、同じ鮮やかなイエローですが、素材が違うことで、着こなしに奥行きを生んでいます。ウェッジソールも、エスパドリーユの一流メーカーらしい軽やかな素材で、良い意味で主張が強過ぎないのも◎。


ピンクのポイント使いで、格好よくって可愛いカジュアルが完成

ピンクは、分量を小さくすること、それから合わせる色で甘さを引き算することで、こなれた印象に仕上がります。カジュアルなデニムに白のカフタンだとほっこりしてしまう可能性があるので、黒を合わせるのがおすすめ。バッグもナチュラル素材のかごバッグより、モノトーンのテープで編まれたものに。サンダル以外の色をシャープにすることで、ピンクが際立ち、甘さと辛さのバランスもちょうどよくなります。

ピンクといっても、優しい桜色からぱきっとしたローズピンクまでさまざま。このサンダルのピンクは、どんな肌色にも品よく馴染むコーラルピンクで、大人にふさわしい可愛げをプラスしてくれます。オープントゥなので、ペディキュアとの配色も楽しんで。


profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Kaori Imakiire
Styling:Naoko Okusa
Model:Natsuki Obama
Hair&Make up:Yukako Morino(Perle)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子注目のウェッジソール。歩きやすさと美脚と今年らしさと2018.04.30
大草直子注目のウェッジソール。歩きやすさと…2018.04.30