PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子もオーダー済み! アッパーハイツのカットソー

2018.05.26

人気スタイリスト大草直子さんが考える、新しいベーシックスタイルを提案する連載です。今回から4回に渡ってお届けするテーマは「大人のカラーコーディネート」。昨年から続いている、“カラーブーム”との付き合い方を、毎回1つのアイテムをピックアップしながら、大草さんが指南してくれます。記事の最後には、大草さんの私的ベーシックのコラムも。最後までお見逃しなく!

女性度をぐんとアップする、淡ピンクの色っぽカットソー

この肌に近い、淡いピンク。あまり着たことがなかったのですが、良いですね(笑)。私の日焼け肌にも柔らかく、そしてしっとりとなじみ、着る人の女性度を上げてくれている(気がします)! 考えてみたら、このヌーディなピンク。肌のベースを作るときに使うコントロールカラー。肌の明度を上げ、くすみを払い、内側からの生命力を感じさせてくれる――そんな色です。洋服に採用しても、この効果が実感できるのですね! 鎖骨がきれいに見えるネックの開き。腕の気になる部分を隠してくれるスリーブに、フロントインが簡単にできる前後寸のあるデザインも、さらに価値をアップ。これは、色はもちろん、ありそうでないデザインに、思わずオーダーをしてしまいました。

カジュアルな黒でピンクの甘さを引き算

淡ピンクという、スイートな色味だけでなく、柔らかな肌触りで素材感も優しいカットソー。スニーカーを合わせるときは、ほっこりしてしまわないように、カジュアルなデニムとキャスケットの黒で、きりっと引き締めて。ポイントはトップス以外の色を、とことんシャープにして辛度を高くすること。今回は、スニーカーも含めて黒をメインにして、バッグでシルバーを添えました。


お祝いには、「とにかく人を集める」(笑)!

プライベートな話で恐縮ですが(って、毎回そうですね)、この夏から12歳の息子が、アメリカに留学します。本人が希望をし、親にプレゼンし、日本の学校にも理解してもらい、1人で旅立ちます。いけない……。書きながら泣けてきた。そうなんです。この原稿を書いている今日からちょうど1週間後に、渡米するので、マックス気持ちが揺れています。心配も不安もありますが、小さな心で本人が決めたので、親の私たちは、心配や不安を隠し、精一杯応援しようと思っています。そんな旅立ちの前に、兄弟のように育った、学校の友達、そして本当の親のように彼を育ててくれたお母さんたち、お父さんたちをお呼びして、送別会を。仲間の大切さを絶対に忘れないように。たくさんの温かな手と声に一生感謝するように。家族の応援を力に変えられるように、その日の記憶をずっと覚えていられるように――。誕生日、進学など、我が家は、何かある度にとにかく大勢で集まるようにしています。

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』編集長 ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Yasutomo Sanpei
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Eiko Sato(ilumini)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子もオーダー済み! アッパーハイツのカットソー2018.05.26
大草直子もオーダー済み! アッパーハイツの…2018.05.26