PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子はカジュアルに着こなす! ストレッチ入りの「美ジャケット」

2018.07.14

スタイリストの大草直子さんが考える、新しいベーシックを提案する連載。「スタイルUPが叶うアイテム選びと着こなし術」のテーマ、最終回となる今回はジャケットをクローズアップします。PLSTでは、定番アイテムとして人気のあるジャケット。その中から大草さんが選んだのはカラーレスタイプの黒。その理由とは? 大草さん流のスタイルUP術が詰まったジャケットコーディネートもお見逃しなく!

カーディガンのように軽い、ノーカラージャケット

ジャケット、気分ですよね♡ デニムやカーゴパンツなど、カジュアルなアイテムが多いからこそ、ぱっと羽織るだけで着こなしをアップグレードできるジャケット、狙っています。いろいろ試着もしているのですが、ジャケットは、元々男性のアイテム。しゃきっと堅くなりすぎる気がして、どうしようかなあ、と頭の中がぐるぐるしていたのですが――。こんなカラーレスのジャケットなら、まるでカーディガンのように軽やかに着こなせそうです。ストレッチ性があり、かつリッチに見えるふっくら感のポリエステル100%の素材は、しわになりにくく、持ち運ぶのにも出張や旅にもぴったりです。堅苦しくなりすぎず、けれど、ジャケットの持つ凛とした印象は手に入る…こんな1枚、私のワードローブのニューベーシックになりそうです。


Tシャツ×デニムをシャープに見せる、黒ジャケットの力

夏の定番、Tシャツ×デニムスタイル。今っぽさを狙うなら、デニムはブラックがベター。白のTシャツを合わせてモノトーンスタイルを楽しむのも良いけれど、キャメルのTシャツなら、ほのかに大人の品が漂います。こんな着こなしのとき、羽織りとしておすすめなのが、ジャケット。ジャケットならではの、角のあるシャープなラインがプラスされることで、カジュアルなTシャツ×デニムが“かりっ”と引き締まります。今回は、エコファーのバッグやチェックのローファーといった秋小物を合わせましたが、あえてビーチサンダルやスニーカーでハズしをきかせてもOK。


大好きな3人と、誕生日会♡

スタイリストの望月律子さん、エディターの三尋木奈保さん、ワニブックスの編集者青柳有紀さん。かなり大人になってからできた、大切な仲間です。どういう経緯で仲良くなったかもあまり覚えていないのですが、同じ年代ですが、生きてきた道も、今の状況も全く違う私たち。程よい距離とリスペクトをキープしながら、温泉に行ったり、お互いの誕生日会をお祝いしたりしています。この日は青柳さんの誕生日会。主役の「食べたいもの」をリクエストしてもらうのですが、ほとんどが「肉」(笑)。私だけは、ごはんが好きなので、大体中華をリクエストしますが。この日は、グランドハイアットのオークドアで、「生まれてきてくれてありがとう」「出会わせてくれてありがとう」と、おいしく楽しくお祝いしました。大人になってからの誕生日会、何があっても駆けつけるようにしています♡

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Shohei Kanaya
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Wakana Goto(ROI)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子はカジュアルに着こなす! ストレッチ入りの「美ジャケット」2018.07.14
大草直子はカジュアルに着こなす! ストレッ…2018.07.14