PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子がひと目惚れ♡ グレンチェックのローファー

2018.07.28

スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。前回に続き、「ブリティッシュスタイル」をテーマにお届けします。今回、大草さんがピックアップしたのは、グレンチェックのフラットシューズ。まだまだ暑いけれど、夏服には飽きてきたな…と思ったら、小物で季節の先取りを。手持ちのワードローブが、ぐっと新鮮に見違えます。大草さんの私物と合わせた着こなしはもちろん、新しい季節を感じさせるPLSTのピーコックグリーンのワンピースとのスタイリングも必見です!

驚きの¥10,000以下。今っぽさ満載のフラットシューズ

PLSTのシューズの進化が止まらない。パンツが得意なブランドだから、足元をきちんと同じブランドで完成させるのは、絶対。だって、パンツの丈、素材、柄、デザインによって、そのシーズンの靴のトレンドは決まるんですから。PLSTのパンツには(あ、スカートでも(笑))、PLSTのシューズです。今季(ひどい残暑が続いていることが予想されますが、ファッションの世界では秋です)のラインナップで心奪われたのは、ブリティッシュテイストのこんな1足。まだ秋物を着るには暑いこの時期、足元だけ次の季節の気分を先取りするのがおすすめ。例えば、黒のオールインワンに、グレンチェックのポインテッドローファー。これだけで、装いの温度はぐんと下がります。


着る人の知性を引き立てる、秋のグリーンとグレンチェック

こっくりとした秋色、なかでもグリーンは、着ている人、そして周りの人の気持ちを穏やかにしてくれます。さらにPLSTのこのワンピースは、青みを帯びたグリーンなので、肌の透明感を高めてくれる効果も。落ち感のある素材、しかもワンピースなら、歩くと裾が風にそよぎ、暑苦しくなる心配もありません。足元は、グレンチェックのフラットシューズできりっと。女性らしいワンピースに、ハンサムなチェックが少し入ることで、甘さや優しさだけではない、大人の深みが加わり、洗練された着こなしに。


グランドハイアット フィオレンティーナのお茶の時間

甘いものはあまり好きではありません。生粋の「酒飲み」ゆえ、どちらかというと塩辛いもののほうが、しっくりくるみたいです。なので、食事の後、「お茶しよう」ということはあまりなく、「食後酒いこう!」が合言葉。ただし、もちろんときにケーキや、お砂糖をいれたカプチーノが飲みたくなるわけで。六本木近くにいる時は、グランドハイアットホテルの「フィオレンティーナ」にストップバイ。ショートケーキと、暑い時期ならアイスロイヤルミルクティー、寒い日はカプチーノ。気が変わったら、フランチャコルタをバイ ザ グラスで。友人とはもちろん、家族ともよく訪れる場所です。

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Keiko Ichihara
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:YUMBOU(ilumini)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子がひと目惚れ♡ グレンチェックのローファー2018.07.28
大草直子がひと目惚れ♡ グレンチェックのロ…2018.07.28