PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子が超私的セレクト。真っ赤なカーディガン

2018.08.04

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。今回は、赤のカーディガンでつくる「ブリティッシュスタイル」をお届けします。大草さんの私物と合わせたコーディネートは今すぐに、PLSTのアイテムで大草さんが提案するコーディネートは初秋に、と合わせのアイテムによって季節をスイッチできるのもカーディガンの魅力の一つ。最後には、大草さんの私的ベーシックのコラムもあるので、最後までお見逃しなく!

パフスリーブが可愛い、今から着られるカーディガン

この秋、一番着たい色、赤です。今までは、リップやネイルなどで、小さく取り入れることが多かったのですが、この秋はでっかく(笑)。白のTシャツに重ねたり、1枚でゆったり素肌に重ねたり。真冬には、キャラメル色やネイビーのコートからちらっと見えても素敵だなあ、なんて季節を超えての妄想がとまりません。正面から見るとボーイッシュで「トラッド然」としているのに、袖はボリューミーで女性らしい♡ のが、ありそうでないカーディガンです。レーヨンポリエステルを使用しているので、真夏の冷房対策から活躍してくれそうです!


インナーをストライプシャツに変えて秋顔にシフト

ボトムスが同じようにデニムでも、インナーをTシャツからシャツに変えると、季節をまたいだ着こなしが完成。シャツのボタンを2つ3つと多めにあけてデコルテに抜けをつくるのも良いけれど、いつもとは違う表情を楽しみたいなら、ボタンはあえて一番上まで留めて。袖もたくしあげず、まじめにシャツもカーディガンも着ると、グッドボーイなムードに。カーディガンの上品な赤とVの開き具合で、大人の女性らしさもほのかに香るので、”シャレ見え”します。


私の浴衣を8歳の娘に。浴衣は夏の風物詩

カーディガンの「赤つながり」ではないですが、子供の浴衣、特に金魚みたいな兵児帯が好きです。末っ子の麻矢が着ているこのネイビー地の浴衣と真っ赤な帯は、私が幼い頃に着ていたもの。父方の祖父母が、小さな町にあった小さな呉服屋で誂えてくれたものです。麻矢は祖父母に会うことはかなわなかったのですが、こうして、夏祭りの思い出や浴衣のぱりっとした感覚、色の記憶が何十年を経て、受け継がれていくんだなあ、とホロリとしてしまいました。

profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Keiko Ichihara
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:YUMBOU(ilumini)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子が超私的セレクト。真っ赤なカーディガン2018.08.04
大草直子が超私的セレクト。真っ赤なカーディ…2018.08.04