PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子も大注目、昨年完売のエコレザーライダース

2018.08.13

人気スタイリストの大草直子さんが、今回注目したのは、エコレザーのライダースジャケット。PLSTでも根強い人気を誇るアイテムなので、昨年同様、完売の可能性も!? さらに、今回は、カーゴパンツにワンピースにと、ライダースジャケットの着回し幅の広さを、大草さんが実証してくれました。最後までお見逃しなく!

軽くて暖かくて、雨の日もOK! のエコレザージャケット

昨年大ヒット!完売したエコレザーのライダースジャケット。本格的な仕様ながら、エコレザーなので、軽くて暖かく、価格もエコで、しかも雨の日も気にせず着られます。さらに言えば、あくまで私の体感ですが、風を通さないため、リアルレザーよりも保温効果(笑)が高い気がします。秋の立ち上がりはTシャツに重ね、肌寒くなってきたら薄いカシミヤニットをTシャツとジャケットの間に滑り込ませたり。季節が進み、ニットがさらにヘビーになるころには、ストールで首元を覆い、冬になったらダウンベストを重ねたり、もしくはゆったりとしたシルエットのガウンコートのアンダーにしたって。そう。こんな、コンパクトなライダースは、本当に長く使えるのです!


今こそ楽しみたい、辛度MAXのカジュアルスタイル

年齢を重ねると、体型が変わるので、どうしても“カジュアル”がほっこりしてしまう傾向にあります。でも、着るものの選び方や組み合わせを工夫をすれば大丈夫。たとえば、メンズライクなライダース。それにカーキのカーゴパンツ。迫力が出過ぎてしまう、と敬遠してきた、こんな辛度高めの組み合わせが楽しめるのも“婦人”ならでは。パンツは、ワイドシルエットよりタイトな方が、女性らしい曲線が出るので好バランスに。

去年も驚きましたが、今年もさらに進化した、エコレザーの質感。テカテカ、ペラペラとは無縁の、ナチュラルでしなやかな風合いで、着心地も抜群。ボタンやファスナーの主張が強すぎないのも◎。

着こなしにシャープな光を差し込む、シルバー小物。春夏はもちろんのこと、秋冬の色や素材とも好相性。白よりもクールにコーディネートの明度をあげてくれます。


甘辛だけじゃない、素材の緩急で奥行きを

パンツから一転、ワンピースと合わせたコーディネート。あえて、ブリティッシュグリーンと黒の2色だけに絞って、これからの季節らしい落ち着いた雰囲気に。ライダースジャケットにワンピースという辛さと甘さだけでなく、エコレザーとニットという素材の違いで着こなしに奥行きを持たせたのもポイント。

リブ幅に3段階の変化をつけたワンピースは、縦にストンと落ちる美シルエット。身体にぴたっとはりつくことのない上品さもあるので、シーンを選ばずに着ることができます。


profile

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Keiko Ichihara
Model:Natsuki Obama
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:YUMBOU(ilumini)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子も大注目、昨年完売のエコレザーライダース2018.08.13
大草直子も大注目、昨年完売のエコレザーライ…2018.08.13