PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子も注目。「とろみ多め」の艶っぽブラウス

2018.09.07

スタイリストの大草直子さんが、今、PLSTで買うべきアイテムをピックアップし、その着こなしレシピとともに紹介する連載。今回大草さんが選んだのは、スパイシーイエローのブラウス。ちょっぴりくすんだエスニックな秋色が、今、気になる理由を書き下ろしのエッセイで語ってもらうとともに、オンとオフそれぞれの着回し例も教えてもらいました。

秋を深める、スパイシーイエローのブラウス

夏の底抜けに明るいイエローから、秋になり、エスニックでスパイシーなイエローに。より肌なじみが良く、着る人をドラマティックに見せてくれます。少し難易度が高い「効かせ色」に見えますが、実は、今回紹介するコーディネートのようなミルクホワイトやカーキ、それからネイビー、グレー、黒――と様々な色と合うので、簡単に「秋の気分」を取り入れたい時に最適です。デコルテが美しく見えるV開き、ウエスト部分が自然とブラウジングしているようなデザイン、フェミニンな袖が、1枚で着て着映えるから、この時期におすすめ。もちろん季節がすすんだら、ライダースやテーラードのインナーにしても。


素材とシルエットで、清潔感もしゃれ感も手に入れて

落ち感のあるブラウスとスティックパンツ、という女性らしい柔らかさと凛とした印象を兼ね備えた好感度抜群の組み合わせ。ブラウスは、裾をタックインしてブラウジングしたかのようなデザインで、こなれ感があるだけでなく、気になるお腹まわりをさりげなくカバーしてくれますし、パンツは緻密に計算された美脚シルエット、とスタイルUP効果が高いのもポイント。バッグを大きめにすればオフィススタイルにも。

鎖骨を華奢に見せてくれるけれど、アンダーウエアの影響をうけない、浅めのVネックも◎。ロングネックレスを重ねて、細長いVをレイヤードすると、クールな印象に。

チェックは今年らしいだけでなく、いくつかの色が入っているので、合わせるアイテムの選択肢が多いのも特徴の一つ。ぴったり同じ色でなくても、その延長線上の色を合わせるとまとまりがでます。


大人の“きれいめカジュアル”はバランスが大切

ワークパンツを合わせてカジュアルに。ほんのりくすんだイエローなので、アースカラーとの相性も抜群。洋服を色×色にしたので、小物はその輪郭を縁取るように黒で統一し、シャープに引き締めました。帽子はカジュアルなニット帽ですが、レザーのバッグやポインテッドのフラットシューズ など、ブラウスに寄せたきれいめアイテムも織り交ぜると、全体がちぐはぐになりません。

背中に入ったタックが、後ろ姿まで美しい大人を演出してくれます。裾をパンツにタックインしなくても、ブラウジングしているかのようなデザインなので、腰回りがもたついたり、気がついたら裾が出ていたというストレスとも無縁です。


大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Keiji Hirai
Model:Natsuki Obama
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Harumi Kanbe
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子も注目。「とろみ多め」の艶っぽブラウス2018.09.07
大草直子も注目。「とろみ多め」の艶っぽブラ…2018.09.07