PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子も大推薦! 今年旬のコーデュロイパンツ

2018.10.22

スタイリストの大草直子さんが、今、PLSTで買うべきアイテムをピックアップし、その着こなしレシピとともに紹介する連載。今回、大草さんが注目したのは、コーデュロイのワイドパンツ。前回に続き、コーデュロイアイテムをチョイスした大草さん。大草さんから見た、このワイドパンツの魅力とは? 書き下ろしのエッセイと、2パターンのコーディネートで、徹底分析します!

暖かくて今年っぽい! コーデュロイワイドパンツ

今年何たって注目なのは、コーデュロイ。少し懐かしい感じもする素材ですが、柔らかく薄く。だからこそ、流行のワイドシルエットにしても、「太って見える」とか「素朴過ぎる」とは無縁。機能性を備えたハイブリッドなアイテムとして、今年は絶対に手に入れましょう。そう、プラステのコーデュロイパンツは、畝が深く入り、それが「ストライプ効果」をもたらしてくれるので――要は、縦に流れるラインが脚を長くまっすぐに見せてくれる――、スタイルアップも可能。しかも、これまでもウールタイプの「きれいめボトムス」では何度かご紹介した、ウォームリザーブの糸を使用しているので、暖かさは抜群です。色によっては完売必至!


冬素材でトラッドに楽しむ、いつもとは違うモノトーン

キルティングジャケットに、毛足の長いフェザーヤーンニットに、コーデュロイパンツ。寒いのは苦手ですが、やっぱり冬は素材も、着るアイテムも増えるから、重ねるおしゃれが楽しいですね。黒と白に、白に近いライトベージュを差し込んだ、モノトーンライクなコーディネートにも奥行きがでます。キルティングやコーデュロイからは、旬のトラッドな香りも漂います。

このパンツは、ハイウエストのワイドデザインですが、太めのインベルトとタックが入っていることで、気になるお腹や、お尻、腰回りのはりを見事にカバーしてくれます。

ジョンストンズのチェックのストールを首元に足して視線をUP。きちんと折りたたむより、ラフにたくさんの空気を含ませるようにして巻くのがポイント。


オレンジのニットとベージュの小物で、温かみのある女性に

1つめとはまた違う、秋冬の休日コーディネート。見た目にも温かそうな太畝のコーデュロイパンツに、こっくりと濃いオレンジのニットとベージュのニット帽、それにエコファーのバッグを合わせ、周りの人まで心がぽっと温まる着こなしに。空気が乾いていて冷たい秋冬は、この“温かみ”が大切。印象を大きく左右することもあるから、意識して取り入れて。

ただ、温かみがあるだけでは、NG。どこかに“抜け”をつくらないと、あか抜けません。今回はデコルテに。Vの襟ぐりのリブが太いので、寂しげになることもなく、こなれた雰囲気を演出できます。


大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Tomoko Meguro
Model:Natsuki Obama
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Wakana Goto(ROI)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子も大推薦! 今年旬のコーデュロイパンツ2018.10.22
大草直子も大推薦! 今年旬のコーデュロイパ…2018.10.22