PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子も感動の、ペールブルーの美肌コート

2018.10.27

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。大草さんが選ぶ「推しアウター」の第三弾は、ノーカラーコートをクローズアップ。定番とも言える一着ですが、5色展開の中から、大草さんが選んだのはペールブルー。大草さんの私物と合わせたコーディネートのほか、PLSTのアイテムで大草さんが組み立てたコーディネートも紹介します。最後の、大草さんの私的コラムまでお見逃しなく!

着こなしも着る人も♡ 透明感アップのノーカラーコート

着てびっくりしました。透明感のあるペールブルー、今までアウターでトライしたことはなかったのですが、明らかに肌がきれいに見えました(自分比)。良く考えたらそうです。ヘアメイクさんが、私の日焼けが進み過ぎた時に使う、ファンデーションのコントロールカラーがこの色でした(笑)。肌色が沈んで見えないように、明るくトーンアップさせてくれる色なんですね。色も素材も重たくなる冬だからこそ、「着こなしの輪郭であるコート」できれいな色を取り入れる  ありです! クラシカルなノーカラーのデザインだからアンダーに合わせるトップスのデザインを選ばないし、すとんとシンプルなシルエット、ボタンを隠した比翼仕立ては、着る人をすっきり見せてくれます。リッチなウールビーバーの素材も、ふっくら暖かくて嬉しい! 冬が楽しくなりそうな1着です。


マニッシュなグレンチェックを女顔にしてくれるノーカラーコート

モデルの小濱さんにも着てもらったパンツと同じ、グレンチェックのワンピース。もちろん、ワンピースというだけで女性らしさはあるのですが、チェックの中ではマニッシュな印象が強めのグレンチェック。辛口に仕上げたいときはライダースやチェスターコートを合わせてもOKですが、エレガントな雰囲気を足したいなら、ノーカラーコートを。グレンチェックのアクセントカラーになっているライトブルーを拾うことで、コーディネートにまとまりが出るだけでなく、着こなし全体の明度がぐっと上がり、華やかさもプラスされます。その分、小物は黒で引き締めて。


貫禄を増してきた、小さな自分の手が好きです(笑)

生まれた時の体重は2300g。今から46年前なので未熟児と言われ、しばらく保育器に入っていた私。それとは全く関係ないとは思いますが、手足が小さいんです。身長は162cm弱で、足のサイズは23cm。身体の末端が小さいと幼く見える気がして、あんまり好きではないのですが。人としての押し出しが強いので(笑)、手足は小さいくらいがちょうどいいのかも、と最近は思っています。しかも、特に手は46歳のそれになってきたのが、結構気に入っています。日焼けの跡がそこかしこに残り、しわも増え、筋が目立ってきた手ですが、ずっと一緒に頑張ってきてくれたなあ、と。たくさんの服に触れ、驚くほどの量の原稿を書き、子供の頭を撫ぜ、夫の手を取り。手ってすごい、とある時写真を撮ったので、その時の気持ちをここに(笑)。

大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Tomoko Meguro
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Wakana Goto(ROI)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子も感動の、ペールブルーの美肌コート2018.10.27
大草直子も感動の、ペールブルーの美肌コート…2018.10.27