PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも大注目。タイトとふんわり2WAYドレス

2018.11.17

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。今回から4回にわたってお届けするのは「冬のイベント別 お役立ちアイテム」。まずは、クリスマス会や忘年会など、ちょっとしたパーティーが増えるこれからの時期におすすめのワンピースを大草さんに選んでもらいました。大草さんの私物、そしてPLSTのアイテムで組んだ2パターンのコーディネートとともにご紹介します!

チュールを外せば超シンプル! 2WAYリトルブラックドレス

クリスマスパーティや忘年会に新年会。年末に向けて(早いっ!)、よそゆきの1枚を探している人も多いのではないでしょうか? もしかしたらメンバーが被る場合もあるかもしれないし、場所によってはあくまでも「さりげなさ」を大事にしたほうが良いときも。そう。なんか結局1着では足りないんです(泣)。そんなときに、プラステのプレスルームで見つけたのがこれ。チュール付きのリトルブラックドレス。膝下まで隠れるチュールを外すと、タイトシルエットのワンピース。トップス部分は今季流行のベロア素材。形はシンプルですが、「表情の違う黒」が、クールで華やか♡ そしてチュールをオンすると、どこかキュートな印象に。丈も変わるので、合わせる靴で、着こなしのイメージもチェンジできます。着ていく場所、集う人、もしかしたら時間帯によって着分けることが可能です。


Iラインシルエットには、エコファーで華やぎと奥行きをプラス

チュールスカートを外すと、すっきりとしたIラインシルエットに。ベロアとサテンの切り替えが、ウエストの少し高めの位置に設定されているので、脚長効果も期待できます。パーティシーンで重宝するのは、一点投入するだけで、華やかになるエコファー小物。今回は白のマフラーと黒のバッグで。同じ黒でも、ベロア、サテン、エコファーと異素材を重ねると、着こなしに立体感が生まれます。首元の白には、肌をワントーン明るく見せてくれる効果も。マフラーの下にもパールのネックレスを忍ばせて。


15年も一緒にいると、夫婦は顔も似てきます(笑)

よくよく考えたら、15年も一緒にいる私たち。住み始めて13年ですが、思い返すとあんなこともこんなこともあったなあ(笑)。あ、この長さを言いたいのではなく。同じ家に住み、同じ食事をとり。辛い時や悲しい時は、共に眉間にしわを寄せ、幸せな時はそんな顔になるからでしょうか、顔が似てきました(笑)。性別も違うし、我が家は国籍も違うんだけどな。相手が幸せそうであれば私も。その逆は、その通り。夫が常に笑っていられるように、私自身も努力しよう!

大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Kazuhiro Fukumoto
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:MAKI(P-cott)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも大注目。タイトとふんわり2WAYドレス2018.11.17
大草直子さんも大注目。タイトとふんわり2W…2018.11.17

関連キーワード