PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも実感。大人こそあったか格好いいジャケット

2018.12.01

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。「冬のイベント別 お役立ちアイテム」のテーマ、第三弾で大草さんが選んだのは、ウォームリザーブのカラーレスジャケット。寒いのが大の苦手という大草さんにとって、ウォームリザーブは冬のマストハブなのだそう。昨年はパンツを“色ち買い”したそうですが、今季は、パンツと合わせればスーツとして着られるジャケットにも注目。私物、そしてPLSTのアイテムで組んだ2パターンのコーディネートは必見です!

高機能で大ヒット中のウォームリザーブジャケット

特殊な構造で、じんわりとした暖かさがキープされる「魔法のような素材」、ウォームリザーブを使用したジャケット。深いネイビーなので、仕事はもちろん、学校にだって。私見ですが、学校の行事は寒いっ!(ハズキルーペ風に♡)このジャケット、そして同素材のパンツがあれば、例えば隙間風が抜ける体育館での保護者会(笑)が、快適に過ごせます。華やかなブラウスを合わせ、コサージュやネックレスをプラスオンすれば、入学式や卒業式も。コートを手に持ったまま、中庭で記念撮影――なんていうシーンだって、笑顔でクリアできます。顔周りを優しく見せるノーカラー、そして美脚度抜群のスリムテーパードのパンツ(バックウエストはゴム仕様)の美シルエットも注目です。


冬の外回りや商談も、ウォームリザーブのスーツがあれば!

仕事でクライアントに会う日は、信頼感が第一。知性や誠実さを引き立ててくれるスーツの力を借りて印象UPを図りたいところ。首に沿うラインや、ほどよくシェイプしたウエストのシルエットが美しいPLSTのカラーレスジャケットは、さっと羽織るだけで、シャープな“できる印象”をもたらしてくれます。パンツだけでなく、スカートもウォームリザーブの暖かさがあれば冬にもチョイスできます。ウォームリザーブは、空洞のあるマカロニ状の糸で熱をキープする蓄熱構造なので、じんわり暖かいだけでなく、とにかく軽い! 身体の動きが制限されないので、一日中ノーストレスで過ごせ、仕事に集中できます。シックなネイビーならお会いするお客様を選ぶこともないと思いますが、合わせの小物はその日のなりたいイメージで選んで。黒ならきりっとクールに、トープやライトグレーなら柔らかさをプラスすることができます。


子供の名前ではなく(笑)、自分の名前を書いてもらいました

以前お仕事でご一緒させて頂いた名和悠太さんが、全く違う環境に飛び込み、書家になっていました。す、すごい。ものすごい華麗なる転身。こうして、自分のココロに素直に、新しいことに挑戦できるって素晴らしいですよね。meimeiというブランドで、名前や好きな言葉を、書き下ろしてくださいます。オーダーしてから時間はかかりますが、この待つ時間も楽しいですね。出産祝いや転職祝いなどに贈るのも良いですよね。周りにあしらわれたドライフラワーも、イメージで選んで、作るそう。私のイメージで、作って下さった「直子」の額。子供の名前で?と言われましたが、3人もいるので、迷わず自分の名前にしました(笑)。

大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Kazuhiro Fukumoto
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:MAKI(P-cott)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも実感。大人こそあったか格好いいジャケット2018.12.01
大草直子さんも実感。大人こそあったか格好い…2018.12.01