PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも絶賛。SHAのカシミヤ100%ストール

2018.12.10

スタイリストの大草直子さんが、今、PLSTで買うべきアイテムをピックアップし、その着こなしレシピとともに紹介する連載。今回フューチャーするのは、PLSTのために作られたカシミヤのNEWブランド「SHA(シャー)」のストール。今シーズン、大草さんが組んでくれたコーディネートの中でも何度か登場したSHAのストール。改めて、大草さん書き下ろしのエッセイと2パターンのコーディネートで、その魅力を掘り下げます。

使いやすいサイズ、色の、SHAのカシミヤストール

この時期手放せないのが、カシミヤのストール。カシミヤ100%のストールは、なめらかで柔らかく、ほのかに光沢があって。首に巻いたり肩に掛けたりすると、暖かいだけでなく、顔周りも華やかに見せてくれます。このSHAは、PLSTのオリジナルブランド。186cm×60cmの、少し小さめで使いやすいサイズだから、大きく羽織って柄や素材感を生かしても良いし、首にマフラーのように小さく巻いても――。自分用にはもちろん、男女問わず親しい人へのギフトにもおすすめです!


ブロックチェックを大胆に。ポンチョのように羽織って

「チェック」と一口にいっても、タータンチェックやグレンチェックなど、その種類はさまざま。今回ピックアップしたブロックチェックのストールは、寒色系のグラデーション。ひとつひとつの色の面積も広めにとられているので、顔立ちをシャープに見せ、モダンな雰囲気に仕上げてくれます。そんなブロックチェックの特徴を生かしたかったので、今回はポンチョのようにばさっと羽織るスタイリングに。裾のフリンジも、着こなしのアクセントとして良い仕事をしてくれます。

全身はストールのチェックの中にある色をひろった、ベーシックカラーでまとめました。ニットワンピースに、ニットレギンスをレイヤードした今年らしいシルエットも、ベーシックカラー同士で組み立てれば取り入れやすいはず!

今シーズン、大ブームを巻き起こしているニットレギンス。PLSTのニットレギンスは、丈感も太さも絶妙。内側に入ったスリットが抜け感を出してくれるので、脚のラインに自信がない人にもおすすめです。


マフラーのようにも使えるストール。ONの日はミラノ巻きに

幅が細めのストールなので、マフラーのような巻き方もできます。例えば、こんな風に、ミラノのジェントルマンがよくやっている”ミラノ巻き”も。丁寧に折り目正しく巻くよりも、すこし空気を含ませてから柔らかく巻くことで、カシミアならではの光沢が生き、シンプルな着こなしをクラスアップしてくれます。ジャケットを羽織る日は、ストールの端をジャケットの中に入れ込むと、よりトラッドな装いに。

全身のコーディネートがこちら。ストール、ニット、コートとライトグレーを主役に、パンツでブルーを差し込んだ、知性溢れるカラーコンビ。きりっと洗練された印象を与えることができます。クールに見えて、ストールやウォームリザーブパンツで、しっかり暖かさを確保しているのもポイント。


大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa

Photo:Kazuhiro Fukumoto
Model:Natsuki Obama
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:MAKI(ROI)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも絶賛。SHAのカシミヤ100%ストール2018.12.10
大草直子さんも絶賛。SHAのカシミヤ100…2018.12.10