PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも絶賛! 「オンオフいける」レースドレス

2018.12.15

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。今回から4回にわたってお届けするテーマは「冬に着る黒」。大草さんに言わせると、「黒のおしゃれ」は、年齢を重ねたからこそ楽しめるようになったことのひとつ、なのだそう。今回は、総レースのエレガントなワンピースをピックアップ。大草さんの私物と、PLSTのアイテムで組んだ2パターンの着回しコーディネートとともにお届けします。

クリスマスにも最適な、レースのリトルブラックドレス

皆様、年末年始の「お出かけ」用意はすみましたか? 私? 私はまだ全然なんです(笑)。家族の色々で忙しく、全くウキウキした気持ちにはなりませんでしたが、今はドレスアップモード全開です♡ 例えば友人同士の休日ランチや、家族で行くクリスマスディナー、年始のホームパーティにだって使えるのが、こんなレース素材のLBD(リトルブラックドレス)。タイトルにオンオフと書いたのは、1枚で着るのももちろん、スキニーデニムやレザーレギンスとレイヤードできるから。そう、コーディネートが利く1着なのです。上質なレースから透ける肌と黒とのコントラストが、華やかな気持ちを盛り上げてくれそうですね。もちろん、タートルをアンダーに重ねても! 


冬のレイヤードに、繊細さをプラスしてくれる黒のレース

防寒のため、しっかりとした生地が多い、冬の服。さらに、アウターを羽織るとなると、どうしたって重たくなってしまいます。そんなとき、レースのアイテムを投入したら? コーディネートを軽やかにしてくれるだけでなく、繊細さと艶っぽさも足してくれます。とくに、PLSTのこのワンピースは総レース。袖と裾の肌が透けるデザインなので、テクニック不要で、ヴィンテージライクなレースが、着こなしに緩急をつけてくれます。ドレスアップしたい日は、白のコートやパールを合わせ、モノトーンでシックにまとめて。


大好きな渋谷のコネルへ♡ 美味しかった! 楽しかった!

このテーマも一緒にやっている、弊社(私、実は事務所の代表をしております)スタッフ鈴木・佐藤の誕生日をお祝いしに、渋谷の街へ(笑)。大人ゆえ、渋谷で食事をすることもあまりないのですが、ここだけは別。「コネル」。捏ねるが由来のイタリアンと和食のフージョン。そう、パスタもパンも、途中で出てくる名物、水餃子の皮も。全部手作り。捏ねています! というわけでコネル。ワインも美味しく、ずっと会いたかった人にも偶然会えたりして。とっても楽しい夜でした。

大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa、@naokookusa_styling

Photo:Kazuki Kawasaki(MOUSTACHE)
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Chisa(ROI)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも絶賛! 「オンオフいける」レースドレス2018.12.15
大草直子さんも絶賛! 「オンオフいける」レ…2018.12.15