PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

"大草直子カジュアル"に必須! きれいめツイードジャケット

2019.01.26

人気スタイリストの大草直子さんが、新しいベーシックを提案する連載。先週に続き、セレモニーアイテムを使ったコーディネートをご紹介します。今回、大草さんがピックアップしたのは、ツイードジャージーで仕立てたノーカラージャケット。PLSTのアイテムで組んだセレモニースタイル、そして大草さんの私物と合わせたアレンジレシピもお見逃しなく!

カジュアルダウンこそ楽しい、ツイードのアイテム

入卒園やその後の改まったシーンなど――特別なオケージョンに欠かせないのが、上質で上品、格の高いツイードの素材のアイテム。ワンピースとジャケット、スカートとボレロなど、「セットアップ」で持っていると、いざという時に頼れます! そうしてスペシャルなアイテムとして手に入れたツイードのアイテム――特にジャケットをデニムやTシャツでどんどん着崩していくのが好きです(笑)。この着こなしは、20代の頃からよくやっていて。若かったときは、合わせるTシャツやデニムをクラスアップするためにツイードを使っていましたが、今は逆。ツイードありきで、大人にとってはラフな素材やデザインをどんどん足して、カジュアルダウンしていくのが楽しいです。光沢のある糸を使用した、ライトカラーのこんなジャケット、是非1枚常備してくださいね。


誠実さと華やかさと。”はじましてシーズン”にベストな好印象セット

卒入園のシーズンをひかえ、セットアップを探している方も多いはず。「母」としてのきちんと感がありながら、節目にふさわしい華やかさも欲しい、そんな方におすすめなのが、このノーカラージャケットとワンピースのセット。ジャケットとワンピースのスカート部分に同素材のツイードジャージを使用しているので、スーツ見えするうえ、白をベースにした明度の高いツイードが表情を優しく見せてくれます。コサージュは高めの位置につけて視線を上げるとともに、顔まわりに華やぎをプラスして。バッグと靴は黒をチョイスすると、きりっと引き締まります。


極寒のパリ。寒くておいしくて、超楽しい(笑)

この原稿を書いているときの私、真冬のパリにいました。今年はそれでも暖冬だそうで、滞在中小雨は降りましたが、雪はなし(今のところ)。ただし、ユニクロの極暖ヒートテック(上下)、靴用カイロは欠かせません。東京生まれ東京育ちの私。スキー場か年末年始の軽井沢くらいでしか、この寒さを経験したことはなく。肌を差す風が痛い! 「風が凶器になる」なんて、初めての経験です。初めての様々――楽しく体験させてもらっています。プラステのアイテムも持参。またご紹介しますね♡

大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling

Photo:Keiichi Suto
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Tomoko Kawamura
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
Cooperation:PROPS NOW TOKYO
この記事をシェア
mv
"大草直子カジュアル"に必須! きれいめツイードジャケット2019.01.26
"大草直子カジュアル"に必須! きれいめツ…2019.01.26