PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも試着済み(笑)! 花のようなスカート

2019.02.04

スタイリストの大草直子さんが、今、PLSTで買うべきアイテムをピックアップし、その着こなしレシピとともに紹介する連載。第三弾となる「今買って春まで着られるアイテム」のテーマ。今回、大草さんが注目したのは、鮮やかなピンクのフレアスカートです。前回の桜色のコートとはまた違う、鮮やかなピンクを手にとった理由とは? 今回も書き下ろしのエッセイ、そして季節をブリッジする大草さん流の2パターンのコーディネートとともにお届けします。

新しい季節のはじまりに。気分の”上がる”スカートをまず一着

フクシアピンクの花のようなスカート! 着ている人はもちろん、周りまでぱっと華やかに見せてくれる1枚です。それこそ花びらのように広がるきれいなシルエットで、パンプスはもちろん、スニーカー合わせもできるのもポイント。バックウエストがゴムなので、どこから見ても美しいのに、着ていて楽♡ 少し気持ちが落ち込んでいる朝、もしこのスカートをクローゼットに見つけたら、「上がりそう」です。バルキーニットに合わせたり、レザーライダースに。もしくは、こうしたトレンチタイプのアウターにだって、似合います。私的予想によると(笑)、春本番を迎える前に売り切れ必至。いち早く手に入れて、新しい季節をおしゃれに迎えましょう。


トレンチジレと合わせれば、気負いなくクールにまとまる!

着こなしだけでなく、気分もあげてくれる鮮やかなピンクのスカート。素敵だけれど、自分が取り入れるとなるとちょっと勇気がいるな…と思う方もいるかもしれません。そんなときは、まず定番アイテムと合わせてみて。たとえばトレンチコート。今回はジレタイプですが、ベーシックなタイプに置き換えてもOK。トレンチコートのトラッドかつマニッシュな雰囲気がピンクの可愛らしさを引き算し、大人にちょうど良いフレッシュでクールな着こなしに。トレンチコートのベルトはウエストできゅっとしぼり、フレアスカートのラインを生かして。

忘れがちですが、あると便利なポケット。このスカートも右側にきちんとありました! こんな風に、かゆいところに手が届く仕立ても、PLSTの魅力の一つ。

トレンチデザインのジレは、アームホールを広めにとっているので、インナーを選びません。今回はドロップショルダーのスウェットをインナーにしましたが、少しゆとりがあるくらいの大きさ。これなら、ちょっと厚手のニットの上にも着られますね。


鮮やかなピンクを主役に。春をドラマティックに楽しんで

アウターを羽織らなくても大丈夫な季節が来たら、白シャツと合わせてシンプルに。鮮やかなピンクが引き立ち、春らしく爽やかでドラマティックな着こなしが即完成します。シャツのボタンは上までしっかり留めると、小さな襟のトラッドな雰囲気が際立ち、フェミニンなフレアスカートとのミックス感もたってくるので、より今っぽく仕上がります。バッグやジュード素材のウェッジソールパンプスで、軽やかさもプラスして。

スカートの後ろはゴム仕様なので、着ていてストレスがないのもポイント。さらに、シャツの後ろのデザインにも要注目! タックが斜めに入っているので、ほんのりモードなアクセントをプラスしてくれます。


大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa、@naokookusa_styling

Photo:Keiichi Suto
Model:Saya Makino
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Tomoko Kawamura
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
Cooperation:PROPS NOW TOKYO
この記事をシェア
mv
大草直子さんも試着済み(笑)! 花のようなスカート2019.02.04
大草直子さんも試着済み(笑)! 花のような…2019.02.04